メルセデス・ベンツは各モデルのメーカー希望小売価格を見直して、2018年1月1日から新価格を適用すると発表していたが、その具体的な数字(価格)を12月28日、明らかにした。
画像: 1月1日からSクラスをはじめとする16車種が価格改訂となる。

1月1日からSクラスをはじめとする16車種が価格改訂となる。

Cクラスは全車種対象外

BMW、アウディ、フォルクスワーゲンなどドイツメーカーは12月になって相次いで日本における販売価格を2018年1月1日から値上げすると発表しているが、メルセデス・ベンツも12月28日、その新価格を発表した。ただし、Cクラス全車種、Eクラスクーペ、CLS全車種、Sクラスクーペ/カブリオレ、Gクラス、Vクラス、smart全車種は対象外だ。

価格改訂されるのはAクラスからSクラスセダン、メルセデスAMG GTまで16車種で値上げ幅は平均で1%になる。値上げの理由については「メルセデス・ベンツ日本では、価格上昇を回避するための企業努力を続けてまいりましたが、新技術の開発、採用による製品コストの上昇、および新サービスの導入に対応し、価格改訂を実施することといたしました」と説明している。

具体的な値上げ幅は、Aクラス:4〜9万円、CLAクーペ&シューティングブレーク:5〜9万円、Eクラスセダン&ワゴン:12〜20万円、Sクラスセダン:12〜30万円といったところだ。詳細については下記のウェブサイトで。
https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars.html

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.