2017年12月28日、ボルボ・カー・ジャパンは“V40 T2 キネティック”に「HDDナビゲーションシステム」と「純正ドライブレコーダー」を装備して、価格はベース車と同じという非常にお得な特別仕様車を限定100台で発売した。
画像: 「ボルボ V40 T2 Navi Edition」。価格はベース車と同じ2,990,000円。

「ボルボ V40 T2 Navi Edition」。価格はベース車と同じ2,990,000円。

259,200円相当の装備が付く

このところボルボ人気は高まる一方だが、今回の限定車「V40 T2 Navi Edition」には“背中を押される”人が多いのではないかと思う。「HDDナビゲーションシステム」と「純正ドライブレコーダー」がプラス料金なしで装着されるというのだから気にならない人はいないだろう。

ベース車は最高出力122psの1.5L 直4ターボを搭載する“T2”で、これに203,600円相当のHDDナビと55,600円相当のドライブレコーダーが装着され、車両価格はベース車と同じ2,990,000円となっている。

ボルボは安全装備は標準装着しているので、「歩行者エアバッグ」、「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ」、「アダプティブクルーズコントロール」、「ブラインド・スポット・インフォメーション・システム」など11種類以上の運転支援システムはもともと付いている。

これ以上の追加装備はおそらく必要ないというレベルで2,990,000円というのはなんとも魅力的だ。なお、ボディカラーはブラック、レッド、ホワイト、ブルーの4色。ボルボは“初売り”と称しているが、気になる人は年内にもディーラーへ行ったほうがいいかも知れない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.