クルマ作りにも効率が求められる昨今、ルノー日産が実践している新たな手法が「CMF=コモン・モジュール・ファミリー」。日産とルノー、さらに今後は三菱自動車にも導入されるクルマ作りの手法を解説しよう。

ちょっと前まで、クルマを設計・開発する場合は、プラットフォーム=車台と呼ばれるアンダーボディをベースに進めていくのが当たり前だった。いわゆる共通化だが、実際には車種ごとに細々とした設計変更が発生し、一見効率が良いようで実はコストが上がる要因となっていた。そこで品質の向上とコストダウンという相反する理想を実現するためにルノー日産が取り組んだのが、「モジュール化」である。車体の構造を「エンジンコンパートメント」「コクピット」「フロントアンダーボディ」「リアアンダーボディ」の4つのモジュールに分け、さらに、電子部品を共通化する「電子アーキテクチャー」を加えた4+1のモジュールを組み合わせることで、さまざまな車種/カテゴリーに対応するのだ。

クルマの構造を4つに分け、上図のようにさまざまに組み合わせることによって多様な車種/カテゴリーに対応する。さらに電子部品なども共通化されることで、従来車種ごとに異なっていた配線なども共用可能になる。

ルノー日産ではこの開発設計手法を2013年に発売されたエクストレイルから導入を開始しており、すでに以下の車種に採用されている。

<CMF-C/D 中型車クラス>
日産エクストレイル/日産ローグ/日産キャシュカイ/日産ローグスポーツ/日産パルサー/日産ティーダ/日産ルノー・エスパス/ルノー・カジャール/ルノー・メガーヌ/ルノー・セニック/グランセニック/ルノー・タリスマン/ルノー・コレオス/ルノーサムスン・SM6/ルノーサムスン・QM6など。

画像: 2013年12月に国内発売が始まったエクストレイルで初めてCMF-C/Dを採用。

2013年12月に国内発売が始まったエクストレイルで初めてCMF-C/Dを採用。

画像: 最新のルノー・メガーヌもCMFーC/Dを採用して開発された。

最新のルノー・メガーヌもCMFーC/Dを採用して開発された。

<CMF-A 新興国向けコンパクトカー>
ルノー・クウィッド/ダットサンredi- GOなど。

画像: 新興国向けに開発されたCMF-Aは、ダットサンredi- GO(写真)やルノー・クウィッドに採用されている。

新興国向けに開発されたCMF-Aは、ダットサンredi- GO(写真)やルノー・クウィッドに採用されている。

すでにかなりの車種に採用されているので驚くかも知れないが、今後はコンパクトクラス用のCMF-Bを採用した車種やCMFの手法を採用したEV専用のプラットフォームも導入される。新たにアライアンスに加わった三菱自動車も今後はCMFを使うことになる。その第一弾は2021年に発売される次期アウトランダーだと言われている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.