2017年12月14日に発売された3列シートクロスオーバーSUV「マツダCX-8」の累計受注台数が1月15日時点で1万2,042台を達成。月間販売計画1,200台に対して、実に10倍を超える受注を獲得した。

マツダCX-8は、同社が販売してきたミニバン(MPV、プレマシー、ビアンテ)に代わる新たな3列シート車として提案したクロスオーバーSUV。現在のマツダ車の国内ラインアップとしては最上位モデルであり、最廉価グレードでも319万6,800円〜という高額車両でもある。一体どんな人たちが、どんなところに注目して購入しているのだろうか? 

画像: 30代以下が40%を占めるという。ファミリーユースだけではなく、多人数乗車型SUVが提供する新しいライフスタイルに共感する若年層が増えてるということ?

30代以下が40%を占めるという。ファミリーユースだけではなく、多人数乗車型SUVが提供する新しいライフスタイルに共感する若年層が増えてるということ?

マツダによると、購入層は30代から40代を中心に幅広い年齢層から支持されており、中でも30代以下が40%を占めているとのこと。ファミリー層だけでなく、若いカップルにも好評なのだとか。「多人数乗車を可能としながら、かっこよさを感じる」「内装の細部に至るまでこだわりを感じた」などデザインを評価する声のほか、「大きさを感じさせない、リニアなドライバビリティ」「乗り心地のよさや静粛性は想像以上」など走りの質のよさや、「3列目は座り心地も広さも十分」「ゴルフバッグが4つ入る」「車中泊も視野に入れられる」などユーティリティ性能も高く評価されている。加えて、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の標準化や、サポカーS・ワイド」に全機種が該当しているなど、安全面でも高い評価を得ている。

画像: ファミリーカーとしての使い勝手も良いし、若いユーザーが仲間とワイワイやりながら愉しむツールとしても最適だ。

ファミリーカーとしての使い勝手も良いし、若いユーザーが仲間とワイワイやりながら愉しむツールとしても最適だ。

ちなみに人気のグレードは、上級機種の「L Package(エル・パッケージ)」が42%、装備を充実させた「PROACTIVE(プロアクティブ)」が52%。またボディカラー別では、「マシーングレープレミアムメタリック」が33%、従来から彩度や深みを増した「ソウルレッドクリスタルメタリック」が12%となっている。

昨今、世界的に盛り上がっているクロスオーバーSUVだが、ようやく日本でも人気が定着してきた感がある。その中でも、これからはマルチユースに適合する3列シートSUVのニーズが高まりそうだ。ガラパゴスだなんだと言われながらもファミリーカーの定番と言えばミニバンだった日本市場でも、今後は個性的で生活感を感じさせない3列シートのクロスオーバーSUVを選ぶユーザーが増えていくのかもしれない。

画像: ボクシーなミニバンに対して、スタイリング重視のクロスオーバーSUVはどうしても全長が長くなるし高価でもある。しかし、ファミリーカーを実用性だけで語る時代はもうすぐ終わるのかもしれない。

ボクシーなミニバンに対して、スタイリング重視のクロスオーバーSUVはどうしても全長が長くなるし高価でもある。しかし、ファミリーカーを実用性だけで語る時代はもうすぐ終わるのかもしれない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.