2018年2月1日、ルノージャポンは同月22日にトゥインゴのホットバージョン、トゥインゴGTを発売すると発表。

5速MTだけでなく、6速DCTもラインアップする

全長3630mmというコンパクトなボディで、その後端にエンジンを搭載してリアタイヤを駆動するRR方式のルノー トゥインゴ。その丸っこくて可愛らしいスタイリングやサイズ感から、オシャレなコンパクトカーとして人気のあるモデルだ。そんなトゥインゴに、ホットバージョンとなるトゥインゴGTがついに日本でもカタログモデルとして2018年2月22日に発売される。

画像: ボディカラーはオレンジとダークグレーの2色。

ボディカラーはオレンジとダークグレーの2色。

価格は5速MTで229万円、6速DCT(EDC)で239万円となる。
ボディカラーは2色で、オランジュ ブレイズ メタリック(オレンジ)とグリ リュネール メタリック(ダークグレー)となる。

実はこのモデル、2017年10月に先行して200台が限定車として発売されたものの、5速MTのみのラインアップだった。今回のカタログモデルはMTに加えて、2ペダルの6速DCT(EDC)モデルもある。109ps/170Nm(ノーマルは90ps/135Nm)を発生する0.9L 直3ターボを搭載して、約1トンというボディを元気よく走らせてくれる。それもそのはず専用のダンパーを装着して、太く強化されたアンチロールバーも採用、他のルノーのR.S.やGTモデルを手がけるルノー・スポールがシャシーからエンジンまでのチューニングを担当しているのだ。さらにRRという駆動方式により、“ふつうのコンパクトカー”で味わえない独特のハンドリングも楽しむことができる。

エクステリアでスタンダードグレードと異なるのはいくつかある。左リアフェンダーに配置されたエアインテークはエンジン出力アップに貢献し、ハイパフォーマンスモデルであることを静かに主張している。クローム加工された2本出しのマフラーも同様だ。17インチという大径ホイールを採用し、前185/45R17、後205/40R17という前後で異なるサイズのタイヤも特徴的だ。また専用のストライプ(デカール)もボディサイドやルーフなどに採用される。

2017年10月に発売された限定車、トゥインゴGTのインプレッションはこちらから。

http://web.motormagazine.co.jp/_ct/17128514

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.