1月27-28日、群馬県北軽井沢で三菱自動車が主催する「PLAY THE
NATURE! TOUR 2018 クルマの学校 アドベンチャー篇」が、デリカオーナー限定で開催された。アクティブなユーザーが多いデリカD:5、今回は「学ぶ」「知る」だけではなく、冬のアクティビティも行われ「遊ぶ」も満喫。充実した2日間になりました。
画像: 参加者と記念写真。パチリ。

参加者と記念写真。パチリ。

20年以上続いている三菱自動車「クルマの学校」

「運転がうまくなりたい」「クルマをもっと知りたい」というユーザーの声に応え、三菱自動車が全国各地で開催しているのが「クルマの学校」だ。始まったのは1995年というから、もう20年以上も続いている人気のイベントになっている。

今回、デリカオーナー限定で開催されたのが「クルマの学校 アドベンチャー篇」。多数の応募の中から抽選で選ばれた12組26名が、1月27日、厳冬の群馬県・北軽井沢「アウトサイドベース」に集まった。

まずは会場になったアウトサイドベースをプロデュースする“快適生活研究家”田中ケン氏とともにスノーシューを履いてのトレッキング。最初は慣れないスノーシューに四苦八苦の参加者だったが、だんだんとその扱いにも慣れ、次第に歩くペースも上がっていく。

この日の気温はマイナス7℃ほどだったが、無風で快晴。遠くに浅間山や白根山などがクッキリと見える絶好のスノートレッキング日和。途中の小休止の際にはホットココアでホッと一息。そうして道なき雪原を歩くこと1時間、半分凍りついた浅間大滝に到着。その絶景に、参加したファミリーも感嘆の声を上げていた。

雪道でのトラブル対処法を学ぶ

次に行われたのは、「クルマの学校」で長年先生を務める、三菱自動車販売協会の熊沢祥人氏による、雪道でのトラブル対処法。スタックした時はどうすればいいのか、牽引ロープをどう使えばいいのか、また発炎筒はどうやって点火するのか、など、実践を交えての講習が行われた。熊沢校長いわく「雪だからといって怖がりすぎずに、ね。皆さんね、いざと言うときにも必ず落ち着いて行動できますよ、今日これだけ体験したのですから」。

画像: まずは熊沢祥人氏による座学。熊沢校長は以前、増岡 浩氏と一緒に各種ラリーにも参加した「ドライビングのプロ」。ロシアンラリーでは水没も経験したそう。

まずは熊沢祥人氏による座学。熊沢校長は以前、増岡 浩氏と一緒に各種ラリーにも参加した「ドライビングのプロ」。ロシアンラリーでは水没も経験したそう。

その後はディナーパーティ。スタッフによる数々のアウトドア料理に参加者は大満足。そこで行われたのは「ミスター・パリダカ」増岡 浩氏と、モータージャーナリストでタレントの竹岡 圭さんによるトークショーだ。

画像: 増岡 浩氏のパリダカ裏話に会場は大盛り上がり。モータージャーナリスト竹岡 圭さんも昨シーズンから全日本ラリーに参戦しているが、増岡氏からそんな圭さんにアドバイスも。

増岡 浩氏のパリダカ裏話に会場は大盛り上がり。モータージャーナリスト竹岡 圭さんも昨シーズンから全日本ラリーに参戦しているが、増岡氏からそんな圭さんにアドバイスも。

増岡氏によるパリダカ談義に、三菱ファンの参加者は満足げ。実際に参加したことのある人にしかわからないリアルな体験談や、ここでは書けない「あれやこれや」の話まで飛び出し、大盛り上がりの夜になった。竹岡さんも、昨シーズンから全日本ラリーに挑戦していることもあり、増岡氏との掛け合いも絶妙。ラリー談義にも花が咲いていた。

デリカD:5の“底力”に驚いた

2日目。この日は会場を「北軽井沢ナチュラルパーク」というオフロードコースに移し、デリカD:5の走破性を体験する・・・というプログラムが組まれていたが、その移動もまたオリエンテーションのひとつ。コマ図を渡され、助手席の同乗者とドライバーが協力し合い、ラリー形式で北軽井沢ナチュラルパークを目指す。

到着したオフロードコースでは、デリカD:5の“底力”を体験。実際にハンドルを握り、助手席に座る増岡氏の指示で急坂登坂や悪路をドライブする。「いま2輪が浮いた状態なんですけど、落ち着いてアクセル踏むとね、クリアできるんですよ。ほらね」。増岡氏のアドバイスに、緊張気味のドライバーもホッと一息ついていた。

画像: 増岡浩氏によるデリカD:5同乗走行 youtu.be

増岡浩氏によるデリカD:5同乗走行

youtu.be

2日間、楽しみながら学び、遊び、充実した時間を過ごした参加者たち。25度の登坂や2輪が浮いた状況の悪路走行など、実際に自分のクルマでは体験したことはない人ばかりだったが、デリカD:5の真の実力にみな満足げ。ある参加者の言葉が印象に残ったので最後に紹介しよう。

「スーパーカーだって、日本じゃサーキット以外に実力が出せないじゃないですか。でも200km/h以上でちゃんと走れるってことに価値がありますよね。デリカも同じです。こんな道なき道の場所、自分じゃ走らないですけど、“走れる”ってことが価値だと思うんです。今日実感したんですが、ボクにとって、デリカはスーパーカーと一緒なんです」

画像: デリカD:5の“底力”に驚いた

参加者の声

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.