首都高速を管理運営する首都高速道路株式会社は、2018年3月10日に10号晴海線を延伸させると発表。さらに記念イベント「晴海線スカイウォーク」も2月18日に開催するという。

晴海線延伸、晴海地区の混雑緩和につながるか

画像1: 晴海線延伸、晴海地区の混雑緩和につながるか

湾岸線 東雲JCTから都心に向かって伸びる10号晴海線。現在は豊洲までが開通しているが、ここから先の晴海までが3月10日に開通することになった。延伸したのは1.2kmと短いものの、とくに朝晩に渋滞することの多い有明通りや晴海通りなど、晴海地区全体の混雑緩和につながるという。

その開通を目前に控えた2月18日(日)に、一般参加者を募っての記念イベント「晴海線スカイウォーク」もに開催される。まだ一般車両が走ったことのない高速道路を歩くことのできる、なかなか経験することのできないイベントとなっている。歩くだけではなく、首都高ガイドツアー(首都高講座)やはたらくクルマ展示、ボルト締め・測量体験などもあるというから、子どもも一緒に楽しめそうだ。

参加費無料・先着5000名限定で、すでに(2月7日から)参加者募集がはじまっているので、気になった人は早めにお応募したほうがいいかもしれない。

イベントの詳細や申し込みは特設サイト(下記)から。
http://www.shutoko.jp/ss/tokyo-smooth/harumi/event/skywalk/

画像2: 晴海線延伸、晴海地区の混雑緩和につながるか
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.