この魅力をどう形容するのが相応しいのか、考え込んでしまう。
シルク・ドゥ・ソレイユが生み出す世界は、極限のアクロバットだとか、超ド級の大道芸といった言葉では語りつくせない、異次元のエンターテインメントを我々に与えてくれる。
日本公演が始まった『ダイハツ キュリオス』しかりだ。

キュリオスの世界は11時11分から始まる

この魅力をどう形容するのが相応しいのか、考え込んでしまう。
シルク・ドゥ・ソレイユが生み出す世界は、極限のアクロバットだとか、超ド級の大道芸といった言葉では語りつくせない、異次元のエンターテインメントを我々に与えてくれる。

1992年の「ファシナシオン」以来、日本で14作品目の公演となる「ダイハツ キュリオス」。シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年を記念して制作された特別な舞台だ。
ちなみに、「キュリオス」とは好奇心、骨董品という意味を持つ言葉という。

欧米では、1が並ぶ11時11分に「Make a wish!」とつぶやくと、願いが叶うという。
産業革命の時代を彷彿させながら、近未来を感じさせる舞台の中で、主人公のシ―カーが集めた骨董のコレクションで作った機械たちが、舞台後方の時計が11時11分になった時に命が吹き込まれ、物語が始まる。

力持ちの男と磁器の顔を持つ女性が繰り広げる空中ブランコ「ロシアン・クレードル」、深海生物をイメージした人間ピラミッド「コントーション」、人間離れしたバランス感覚をみせてくれる「ローラ・ボーラ」、二つのヨーヨーを巧みに回転させる「ヨーヨー」・・・・そのほか多彩な演目が、観客に時の経つのを忘れさせてくれる。

■公演スケジュール
【東京公演・お台場ビッグトップ】
2018年2月7日(水) ~ 7月8日(日)

【2018年7月26日・中之島ビッグトップ】
2018年7月26日(木)~10月29日(月)
【名古屋公演・名古屋ビッグトップ】
2018年11月22日(木)~2019年1月27日(日)

【福岡公演・福岡ビッグトップ】
2019年2月15日(金)~2019年3月31日(日)

【仙台公演・仙台ビッグトップ】
2019年4月~

写真:玉井 充

画像: 「ロシアン・クレードル」 漏電により目覚めた力持ちの男と磁器の顔を持つ女性が繰り広げる人間空中ブランコ。

「ロシアン・クレードル」
漏電により目覚めた力持ちの男と磁器の顔を持つ女性が繰り広げる人間空中ブランコ。

画像: 「コントーション」 深海生物(主人公シ―カーのキャビネットにいる電気うなぎ)を模したスピーディな動きの人間ピラミッド。

「コントーション」
深海生物(主人公シ―カーのキャビネットにいる電気うなぎ)を模したスピーディな動きの人間ピラミッド。

画像: 「ローラ・ボーラ」 筒や板を組み合わせた不安定な仕掛けの上で行われる人間離れしたバランスパフォーマンス。

「ローラ・ボーラ」
筒や板を組み合わせた不安定な仕掛けの上で行われる人間離れしたバランスパフォーマンス。

画像: 「ヨーヨー」 懐中時計に化した2つのヨーヨーを巧みに回転させる時の案内人。

「ヨーヨー」
懐中時計に化した2つのヨーヨーを巧みに回転させる時の案内人。

画像: テクノロジーの進化の化身「ミスター・マイクロコスモス」とそのお腹の中に住む、女優であり詩人である「ミニリリー」。キュリオスに顕れるキャラクターの中心的存在だ。

テクノロジーの進化の化身「ミスター・マイクロコスモス」とそのお腹の中に住む、女優であり詩人である「ミニリリー」。キュリオスに顕れるキャラクターの中心的存在だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.