ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、新型コンパクト・パフォーマンスSUVの「E-PACE(Eペイス)」の受注を2月22日から開始した。
(タイトル写真は、ジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長と、広報部の若林ディレクター)

スポーツカーとSUVをクロスオーバー!?

E-PACEは、フロントグリルやヘッドランプ、ロングホイールベース&ショートオーバーハング、ドライバーにフォーカスしたコックピットなど、ピュアスポーツカーのFタイプからインスピレーションを得たデザインを取り入れ、スポーツカーのようなドライビングパフォーマンスと、SUVならではの広い室内空間と実用性、そして最新のコネクティビティを兼ね備えた、5人乗りの新型コンパクト・パフォーマンスSUVだ。

画像: スポーツカーのFタイプを彷彿とさせる、フロントマスクや涙滴型のサイドウインドー。

スポーツカーのFタイプを彷彿とさせる、フロントマスクや涙滴型のサイドウインドー。

日本仕様のエンジンは、2Lのガソリンターボが2種類(249ps仕様と300ps仕様)と、2Lのディーゼルターボ(180ps)が1種。ミッションはジャガー初の9速ATだ。
駆動方式はAWDのみ(本国仕様にはFFもある)。
300psのガソリンエンジン搭載モデルは、よりコーナリング性能の向上に主眼を置いたアクティブ・ドライブラインを標準装備している。

画像: リアウインドー上のスポイラーと一体化したダイナミックなルーフラインがクーペスタイルを表現している。

リアウインドー上のスポイラーと一体化したダイナミックなルーフラインがクーペスタイルを表現している。

全長4410×全幅1900×全高1650mmというコンパクトなサイズながら、広い室内空間と実用性の高さもE-PACEの特長のひとつだ。
カーゴスペースはフル乗車時で577L、リアシートをたたむと最大1324Lになり、荷室の最大幅は1.3mあるのでゴルフバッグを横向きに収納できる。
センターコンソールには750mlのペットボトルを4本収納でき、左右のドアポケットも十分な深さがあり、室内の収納スペースは豊富だ。

画像: 日本仕様は右ハンドルのみの設定。ATのシフトはジャガー伝統のダイヤル式でなくスティック式となる。

日本仕様は右ハンドルのみの設定。ATのシフトはジャガー伝統のダイヤル式でなくスティック式となる。

10.2インチ タッチスクリーンのインフォテイメント・システムには通信機能を新たに導入し、コネクティビティ機能を強化。スマホのアプリを介して、ドアロック/解除、エアコンの操作なども可能だ。
また、マトリックスLEDヘッドライトやカラーのヘッドアップディスプレイなどもオプションで用意されている。

画像: 外観から想像されるより室内は広く、身長180cmの人でもリアシートは狭くないという。

外観から想像されるより室内は広く、身長180cmの人でもリアシートは狭くないという。

ラインアップは、2018モデルのみの展開となる限定グレード「ファーストエディション」を含む、全24機種。
価格は、2.0L D180(ディーゼル)の451万円〜R-ダイナミック HSE 2.0L P300(ガソリン300ps仕様)の759万円。

画像: フロントウインドー左下に、ジャガーの親子をモチーフにしたグラフィック。こんな遊び心のあるデザインを随所に配している。

フロントウインドー左下に、ジャガーの親子をモチーフにしたグラフィック。こんな遊び心のあるデザインを随所に配している。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンでは、このE-PACEの登場を機に、30〜40代の若い人たちにもジャガーを広めていきたいと考えている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.