ルノーのコンパクトSUV、キャプチェーがマイナーチェンジを受けた。正規販売店で2018年3月8日から販売される。価格は269万9000円〜279万9000円。(画像はすべて欧州仕様)

エンジン出力とブレーキ制御によりオフロード走行性能を向上

ルノーキャプチャーは1.2L直4ターボエンジン(118ps/205Nm)のエンジンと6速DCT(EDC)を組み合わせたパワーユニットを、4135mmの全長・1780mmの全幅というコンパクトボディに搭載したSUV。「Explore(冒険の旅に出る)」をテーマとして、オフロード走行性能を向上させるマイナーチェンジを受けた。大きな変更点はオフロード走行安定性を高める「エクステンデッドグリップ」が採用されたこと。

画像: 外観で大きな変更点はないが、ヘッドライトやスキッドプレートなどのデザインは変更されている。(欧州仕様車)

外観で大きな変更点はないが、ヘッドライトやスキッドプレートなどのデザインは変更されている。(欧州仕様車)

この新装備は路面グリップを確保するため、エンジン出力(トルク)制御やブレーキ制御などにより駆動力を確保させるシステムで、3つのモードがある。
ドライからウエットまでオールラウンドに走りこなす“標準モード”をはじめ、雪上や泥濘地などで駆動輪を適度に空転させることで、雪や泥を取り除いてグリップを確保する“ソフトグラウンドモード”。そして、“エキスパートモード”は滑りやすい路面でもドライバー自らがアクセルコントロールできる上級者向けのモードだ。こちらはドライバーの意志を優先してエンジン出力の制御は作用させず、空転を検知するとブレーキのみで制御・補助してくれる。

エクステリアのデザインもいくつか変更さている。フロントまわりにおいては、ヘッドライトをフルLEDとしてCシェイプフロントLEDランプや、コーナリングランプ機能付LEDフォグランプを組み合わせている。また、リアには立体的デザインのLEDランプを採用している。さらにインテリアは、ルーフカラーに合わせた2トーンカラーの内装が採用される。

グレード構成と価格は、ルーフカラーと同色のファブリックシートを装備した「インテンス」が269万9000円で、レザーシートを装備した「インテンスレザー」が279万9000円となっている。

ルノーキャプチャーの主要諸元(インテンス/インテンス レザーで共通)

■全長×全幅×全高:4315×1780×1585mm ■ホイールベース:2605mm ■車両重量:1280kg ■燃料消費量(JC08モード):17.2km/L(無鉛プレミアムガソリン) ■エンジン:1.2L 直4DOHCターボ ■トランスミッション:6速DCT ■最高出力:87kW(118ps)/5000rpm ■最大トルク:205Nm(20.9kgm)/2000rpm

画像: オフロード性能が大きく向上したルノーキプチャー。(欧州仕様車)

オフロード性能が大きく向上したルノーキプチャー。(欧州仕様車)

画像: テールランプのデザインが変更されたルノーキャプチャー。(欧州仕様車)

テールランプのデザインが変更されたルノーキャプチャー。(欧州仕様車)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.