BMWは、2018年3月6日に開幕したジュネーブ国際モーターショーにニューモデルのコンセプトカー「M8グランクーペ」を発表した。

まず2ドアクーペの8シリーズが2018年中に発売され、4ドアクーペはそのあとか

1990年代に生産・販売されていたラグジュアリー2ドアクーペの8シリーズが2018年中に復活する。東京モーターショー2017でもコンセプトカーが公開されていたので、覚えている人も多いだろう。市販モデルのティザー画像は公開されているものの、エクステリアの全容はまだ見えていない。ちなみに、これをベースとするレーシングカー「BMW M8 GTE」が2018年1月に開幕したデイトナ24時間レースでデビューを果たしている。

今回、ジュネーブショーで公開されたのは、次世代フラッグシップスポーツモデルとなる8シリーズに追加される新しいコンセプトモデル「M8グランクーペ」だ。4シリーズや6シリーズに設定されている4ドアクーペ(グランクーペ)が、8シリーズにも登場することとなる。メルセデス・ベンツからちょうどライバルとなる「AMG GT4」が登場しているので、こちらも気になる存在だろう

画像: BMW M8グランクーペ。コンセプトモデルだが、ほぼこのまま登場しても違和感ない。

BMW M8グランクーペ。コンセプトモデルだが、ほぼこのまま登場しても違和感ない。

画像: さすがBMW Mモデルともいうべきリアビュー。威圧感を感じられる。

さすがBMW Mモデルともいうべきリアビュー。威圧感を感じられる。

画像: ジュネーブ国際モーターショーでワールドプレミアとなったBMW M8 グランクーペ。

ジュネーブ国際モーターショーでワールドプレミアとなったBMW M8 グランクーペ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.