電動化路線をひた走る日産自動車が、2022年度までに新たに8車種のEVを開発、その中の1台が昨年の東京モーターショーで公開されたコンセプトカーIMxにインスピレーションを受けたクロスオーバーSUVであることを明らかにした。
画像: 昨年の東京モーターショーに出品されたコンセプトカー「IMx」。これがそのまま市販されるわけではないはずだが、イメージはかなり近いはず。

昨年の東京モーターショーに出品されたコンセプトカー「IMx」。これがそのまま市販されるわけではないはずだが、イメージはかなり近いはず。

現在、中期6カ年計画「日産M.O.V.E to 2022」を実行中の日産自動車が、その一環として計画の具体的な内容を一部明らかにした。発表したのは以下の通り。

新たに(グローバルで)8車種のEVを投入。

中国で各ブランドによるEVを投入。

日本に軽自動車のEVを投入。

IMxコンセプトカーに発想を得たグローバルなクロスオーバーEVを投入。

2021年度以降投入するインフィニティの新型車を電動駆動化。

自動運転技術を搭載した20車種を20の市場に投入。

計画の最終年度までに、主要市場で発売するニッサン、インフィニティ、ダットサンの各ブランドの全新型車を100%コネクテッドカーに。

ほかにも2022年度までに100%電気自動車(EV)、e-POWER搭載車を合わせて年間100万台販売することを目指しているという。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.