次期SUBARUフォレスターがニューヨーク国際モーターショーでお披露目されました。
詳しくはこのWebモーターマガジンの記事をお読み頂くとして、ちょっと気の早い温故知新。新型モデルのデビューを前に、現行モデルのインプレッションをお送りします。

熟成度を増した本格SUV

マイナーチェンジ(2015年10月)で大幅に魅力がアップしたフォレスター。フロントフェイスが変わっただけではなく、安全面や乗り味も格段の向上が図られている。

安全性能では、「アイサイトVer.3」や、対向車や先行車の位置を検知してハイビームの照射範囲をコントロールする「アダプティブドライビングビーム」といった先進安全装備を採用。フロントのクロスメンバー剛性アップやサスペンションセッティングの最適化、ステアリングギアレシオをクイックにするなどで、より気持ち良い走りを追求している。

一歩一歩技術に磨きをかけ、さらなる高みを目指す新型フォレスター。スバル開発陣の意気込みが伝わってくる一台だ。

画像: スバル フォレスター 熟成度を増した本格SUV TestDrive www.youtube.com

スバル フォレスター 熟成度を増した本格SUV TestDrive

www.youtube.com

「フォレスター2.0XT EyeSihgt主要諸元表」
全長×全幅×全高:4595mm×1795mm×1715mm
ホイールベース:2640mm
車両重量:1610kg
エンジン種類: 直列4気筒DOHC直噴ターボDIT
総排気量:1998cc
最高出力:206kW(280ps)/5700rpm
最大トルク:350Nm(35.7kgm)/2000-5600rpm
駆動方式:AWD
トランスミッション:スポーツリニアトロニック
ブレーキ前/後:Vディスク/Vディスク
サスペンション前/後:ストラット/ダブルウイッシュボーン
タイヤサイズ前/後:225/55R18

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.