1978年に富山県小矢部市に開館、その後1995年に現在の石川県小松市に移転し現在に至る「日本自動車博物館」。
日本最大級の自動車博物館として好事家から人気を得ているが、今年開館40周年を迎えることから、記念イベント「トヨタ2000GT&マツダ コスモスポーツ生誕50周年記念祭」を4月8日(日)に開催する運びとなった。

トヨタ200GT、マツダ コスモスポーツ以外の名車も大集合

日本自動車博物館 開館40周年記念イベント「トヨタ2000GT&マツダ コスモスポーツ生誕50周年記念祭」と銘打たれているものの、会場に集結するクルマはこの2ブランドだけではない。

幻のスーパーカーと呼ばれるトヨタ200GT、世界初の実用・量産ロータリーエンジンを搭載したマツダ コスモスポーツが誕生した1967年前後は、日本のモータリゼーションが飛躍的に発展した時期でもあり、この2台以外にも時代を彩った名車達が続々と出現している。

トヨタ1600GT(1967年)、トヨタスポーツ800(1969年)、ホンダS600(1964年)、ダットサンフェアレディ2000(1952年)、まさに綺羅星のごとくではないか。
こうしたクルマ達もトヨタ200GTやマツダ コスモスポーツと肩を並べて出展される。

展示はもちろん、同乗試乗あり講演会ありと内容が盛りだくさんの日本自動車博物館 開館40周年記念イベント「トヨタ2000GT&マツダ コスモスポーツ生誕50周年記念祭」。
日本の誇る名車達と過ごす春のひと時は、ぜいたくこの上ないものになりそうだ。

■開催日程
2018年4月8日(日)10時~15時

■主催・会場
日本自動車博物館
http://mmj-car.com/

画像: トヨタ200GT、マツダ コスモスポーツ以外の名車も大集合
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.