ペットフード協会、日本ペット用品工業会、メッセフランクフルトジャパンは2018年3月29日~4月1日の期間に、第8回「Interpets~人とペットの豊かな暮らしフェア」を開催した。

ホンダブースではペット関連のカーアクセサリーや用品を展示

2018年で8回目となるペットイベントが、東京お台場のビッグサイトで開催された。人とペットのより良い暮らしを実現するライフスタイルアイテム&サービスを、国内外から一堂に集めた日本最大級のイベント、通称「インターペット展」。ここ数年の猫ブームも重なって、年々盛り上がりを見せている。そのため、実施面積も昨年比1.6倍に拡大、503社の関連企業が出展して開催された。

数ある出展社のなかで、自動車メーカーもペットオーナーに向けたさまざまなカーライフの提案をしていた。なかでも目に留まったのは、ホンダブースの純正カーアクセサリーとして参考出品されていた肉球セレクトノブカバーだ。その名のとおりシフトノブにかぶせるカバーで、プニプニ肉球触感が愛犬心・愛猫心をくすぐられる。すでに販売されているカバー(写真右奥)もあるので、ホンダドッグ(HondaDog)で検索すると詳細を見ることができる。

ほかにも、肉球つきキーカバーや自分で撮影した画像をキーカバーにできるサービスもあるようだ。ペット好きなホンダオーナーであればつい欲しくなってしまうアイテムばかりである。

画像: ホンダブースで展示されていたセレクトレバーカバー。

ホンダブースで展示されていたセレクトレバーカバー。

画像: 愛犬とホンダフリードで一緒にドライブ、なグッズ。

愛犬とホンダフリードで一緒にドライブ、なグッズ。

人生を豊かにするカーライフWith Pets

出展していた自動車メーカーはほかにもあり、フォルクスワーゲンブースではクラシカルなフォルクスワーゲンバスの前で、愛犬と記念撮影するオーナーも数多く見受けられた。また、ブース内ではミニカーやグッズなども販売され、フォルクスワーゲンとペットとの不思議な相性の良さを感じた。

画像: ワーゲンバスの前で記念撮影。

ワーゲンバスの前で記念撮影。

ボルボブースでは「ボルボとペットがいる暮らし」をキーワードに、家族の一員である愛犬と安心・快適にドライブするクルマライフを提案。ラゲッジスペースに固定型ゲージやクレートを装着したSUV車を展示していて、多くのペットオーナーから注目されていた。また、ボルボのミニチュアカーに愛犬を乗せて撮影できるコーナーでは、行列ができるほどの人気だ。

衰えるところを知らないペットブーム。こうした商品&サービスはまだまだ増えそうだ。

画像: SUVやステーションワゴンを多くラインナップするボルボはペットとの相性もバツグン。

SUVやステーションワゴンを多くラインナップするボルボはペットとの相性もバツグン。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.