4月7-8日に岡山国際サーキットで幕開けとなったスーパーGT選手権で、GT500クラスのKEIHIN NSX-GTがポール・トゥ・ウィンを達成。GT300クラスではUPGARAGE 86 MCがチーム初優勝を飾った。
画像1: NSX-GTが1-2フィニッシュ J・バトンが表彰台に
【スーパーGT 開幕戦 岡山国際サーキット】

岡山ラウンドは300km、周回数は82周で争われる。スタートではポールポジションの17号車KEIHIN NSX-GTが先頭をキープするが、予選2番手の8号車ARTA NSX-GTが順位を落とす。後方グリッドからスタートの24号車フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rと23号車MOTUL AUTECH GT-Rが一気に順位を上げ17号車を追うが、これは後にジャンプスタートとの判定が下されドライブスルーペナルティ、再び後方へと下がる。

画像2: NSX-GTが1-2フィニッシュ J・バトンが表彰台に
【スーパーGT 開幕戦 岡山国際サーキット】

トップを快走する17号車KEIHIN NSX-GTだが、その背後にここ岡山で2連勝中の1号車KeePer TOM'S LC500が迫る。レース前半は2台によるテール・トゥ・ノーズ、そしてサイド・バイ・サイドの展開。そして38周目に1号車LC500が17号車NSX-GTの前に立つと、17号車はこの後40週目にピットイン、素早いピット作業で再びコースへ戻る。

画像3: NSX-GTが1-2フィニッシュ J・バトンが表彰台に
【スーパーGT 開幕戦 岡山国際サーキット】

17号車の2周前にピットインした100号車RAYBRIG NSX-GTは、J・バトンがタイヤの消耗を抑える走行でタイヤ無交換作戦を決行。これにより大幅にポジションをアップ、後半スティントを山本尚貴に託す。一方、45周目にピット作業を行なったトップの1号車KeePer TOM'S LC500は、早目のピットインを選択した100号車、17号車に先行を許してしまう。

画像4: NSX-GTが1-2フィニッシュ J・バトンが表彰台に
【スーパーGT 開幕戦 岡山国際サーキット】

17号車がピットアウトするとすでに100号車が目の前に。フレッシュタイヤの17号車塚越広大、タイヤ無交換の100号車山本尚貴。昨シーズンも見られた2人のホンダのエース対決はサイド・バイ・サイドで一旦は17号車KEIHIN NSX-GTが前へ。しかしその後も勝利を諦めない100号車RAYBRIG NSX-GTが離されずにピタリとマーク。

画像5: NSX-GTが1-2フィニッシュ J・バトンが表彰台に
【スーパーGT 開幕戦 岡山国際サーキット】

ときおり背後に迫るもタイヤカス等に苦しめられた100号車の追撃を振り切り、17号車KEIHIN NSX-GT(塚越広大/小暮卓史)が7年ぶりの勝利をポール・トゥ・フィニッシュで飾った。3位には1号車KeePer TOM'S LC500が、4位には6号車WAKO'S 4CR LC500が入賞。

画像6: NSX-GTが1-2フィニッシュ J・バトンが表彰台に
【スーパーGT 開幕戦 岡山国際サーキット】

上位争いに食い込めなかったニッサン勢は、3台のGT-Rがポジションを入れ替えながらの走行。5-7位を23号車、24号車、そして3号車CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rの順でフィニッシュ。

画像7: NSX-GTが1-2フィニッシュ J・バトンが表彰台に
【スーパーGT 開幕戦 岡山国際サーキット】

GT300クラスではタイヤ無交換作戦の86 MC同士がドッグファイト。これを制したのは18号車No.18 UPGARAGE 86 MC(中山友貴/小林崇志)、25号車HOPPY 86 MCを逆転してチーム創設後の初勝利を挙げた。2位には20番手スタートから驚異的な追い上げを見せ25号車をかわした7号車D'station Porscheが入った。

(PHOTO:井上雅行)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.