クルマ塾が各自動車メーカーのレジェンドを招いて実施している講演会。第2回目は5月17日に日産で開発に携わった3人を講師に招いて行われる。

スカイラインの開発者や高橋国光氏が登壇

「クルマ塾」とは、元・立風書房/モーターマガジン社 常務取締役の清水猛彦氏をはじめ、永年に渡り自動車の発展と、人々の生活との関わりをつぶさに見つめてきた自動車ジャーナリストを中心に構成される非営利組織。
2017年から、自動車業界の有識者によるディスカッションなどを何回か開催している。
さらに各自動車メーカーのレジェンドを招いて講演会を実施し、3月にはマツダで開発を主導してきたOB3名を講師に招き、クルマづくりの極意を語ってもらった。

そして第2回目は、5月17日に日産で開発に携わったOB3名を講師に招いて「日産のレジェンドたちから学ぶ」を開催する。
講師と講演内容は、以下のとおり。

「901活動とスカイラインへの織り込み」
渡邉衡三 氏(R33スカイライン 主管)

画像1: スカイラインの開発者や高橋国光氏が登壇

「R32スカイラインGT-Rの開発」
伊藤修令 氏(R32スカイラインGT-R 開発主査)

画像2: スカイラインの開発者や高橋国光氏が登壇

「ボクのレース人生」
高橋国光 氏(元レーシングドライバー、現チームクニミツ監督)

画像3: スカイラインの開発者や高橋国光氏が登壇

MCは米村太刀雄氏と竹岡圭さん。
日時は5月17日(木) 13時30分〜16時30分
会場は新宿文化センター・小ホール
参加費は無料だが、事前登録が必要なので、以下のクルマ塾Webサイトから登録を。
日産&スカイライン ファンでなくても、レジェンドたちのクルマにかける熱き思いは必聴もの。ぜひ、聞いておきたいものだ。

This article is a sponsored article by
''.