「フェアレディZ Version NISMO Type 380RS」と聞いてピン!ときたアナタは相当なZ通。2007年6月に車両価格539万7000円、限定300台で発売された稀少なZをご紹介しましょう。(ホリデーオート2018年5月号より抜粋)
画像: 外観の変更は控えめながら、その中身は…ボディカラーはシルバー、ブラック、ホワイトパールから選べた。

外観の変更は控えめながら、その中身は…ボディカラーはシルバー、ブラック、ホワイトパールから選べた。

07年1月にVersion NISMOとともに発売されたS耐マシン(競技専用車)のVersion NISMO 380 RS-Competition をベースに、エンジン(3.8ℓ=400ps/43.0kgm)をデチューンして搭載。排気量は同じく3.8ℓで、アルミ鍛造ピストン、強化コンロッド&クランクシャフトなど、耐久マシン譲りのスペックがふんだんに盛り込まれている。

画像: S耐用エンジンをベースに公道使用を前提とした耐久性や使いやすさを加味してチューンされた3.8リッターエンジン。最高出力は350ps、最大トルクは40.5kgm!

S耐用エンジンをベースに公道使用を前提とした耐久性や使いやすさを加味してチューンされた3.8リッターエンジン。最高出力は350ps、最大トルクは40.5kgm!

ボディも各部の剛性がアップされており、専用サスペンション、ヤマハ発動機製パフォーマンスダンパーの効果もあり、スロットルとクルマの動きがリンクしたファンなハンドリングを実現していた。ロードカーでありながらS耐マシンの走りを愉しめるZ33最後の最後にして最強のマシンだ。

画像: タイヤはフロントが18インチ、リアが19インチとなっている。

タイヤはフロントが18インチ、リアが19インチとなっている。

画像: 直接的なベースとなったのはレース専用マシンのVersion NISMO 380 RS-Competition。こちらは3.8ℓで400ps。

直接的なベースとなったのはレース専用マシンのVersion NISMO 380 RS-Competition。こちらは3.8ℓで400ps。

<フェアレディZ Version NISMO Type 380RSS主要諸元>●ボディサイズ:全長4420×全幅1840×全高1305㎜  ●車両重量:1510kg ●乗車定員:2名 ●エンジン型式・形式:VQ35HR(3.8ℓ改仕様)・V6DOHC ●エンジン総排気量:3798㏄ ●エンジン最高出力:350ps/7200rpm ●エンジン最大トルク:40.5kgm/4800rpm ●駆動方式:FR ●サスペンション形式:前後マルチリンク ●ブレーキ形式:前後Vディスク ●タイヤサイズ:前245/40R18・後275/35R19

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.