日本ミシュランタイヤは、新プレミアムコンフォートタイヤ「MICHELIN PRIMACY 4 (ミシュラン プライマシー4)を7月2日より発売する。サイズは16〜19インチ、45〜60シリーズまで全36サイズ。
画像: ミシュラン プライマシー4(17インチ)。

ミシュラン プライマシー4(17インチ)。

プライマシー4ってどんなタイヤ?

プライマシーシリーズは、ミシュランが2001年に「パイロットプライマシー」を発売して以来、2006年/2009年にプライマシーHP/LC、2013年にプライマシー3と進化を続けた、プレミアムコンフォートタイヤ。今回のプライマシー4で、文字どおり「第4世代」となる。

今回登場したプライマシー4では、コンフォートタイヤに求める基本性能である「静粛性」と「省燃費性」を確保し、さらに履き始めから履き換え時までウエットブレーキング性能の向上を実現させた製品となる。

画像: 先日行われた試乗会では、ウエットに強いことを体感できた。

先日行われた試乗会では、ウエットに強いことを体感できた。

製品技術①:新コンパウンド

ウエットブレーキング性能を向上させる新配合コンパウンドを採用。濡れた路面でのグリップ性能が向上、低燃費性能とウエット性能の両立を高次元のバランスで実現する。

画像: 新コンパウンド(イメージ)。

新コンパウンド(イメージ)。

製品技術②:新溝形状

排水性能を高める新溝形状を採用。従来のプライマシー3と比較し、履き換え時(残溝2mm)の溝体積が約22%アップ、摩耗してもウエット性能が落ちにくい。

画像1: 製品技術②:新溝形状
画像2: 製品技術②:新溝形状

ラベリング制度のグレーディングは?

発売全36サイズ中、AA-aが5サイズ、AA-bが11サイズ、A-aが14サイズ、A-bが4サイズとなる(1サイズがグレーディング取得中)。

画像: ラベリング制度のグレーディングは?

発表会の様子

画像: ミシュランマン(左)と日本ミシュランタイヤ社長、ポール・ペリニオ氏(右)。

ミシュランマン(左)と日本ミシュランタイヤ社長、ポール・ペリニオ氏(右)。

画像: 18インチ以上のタイヤのサイドウオールには、コントラストが鮮明な「プレミアムタッチデザイン」を採用する。

18インチ以上のタイヤのサイドウオールには、コントラストが鮮明な「プレミアムタッチデザイン」を採用する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.