アルファロメオは創業108年。その歴史のなかで初となる本格的SUVがこのステルヴィオだ。ジュリアに続く新世代アルファロメオのフラッグシップモデルとして登場した。

ライバルひしめくセグメントで独特な走り味

ステルヴィオは、アルファロメオ創業以来、108年目で初めて登場した本格SUVだ。

 全長は4690mmと「プレミアムD-SUV」と呼ばれる市場にセグメントされる。レクサスRXをはじめ、ボルボXC60/メルセデス・ベンツGLC/BMW X3/アウディQ5/ジャガーFペイス/ポルシェマカンなど、そうそうたるライバルが揃う、いま世界中の市場で人気のカテゴリーだ。

4ドアFRセダンのジュリアにも用いられるジョルジオプラットフォームを採用、2820mmのホイールベースは共通としながら、最低地上高は65mm高い。

画像: ジュリアと同じ「GIORGIOプラットフォーム」を採用。DセグメントSUVという立ち位置。

ジュリアと同じ「GIORGIOプラットフォーム」を採用。DセグメントSUVという立ち位置。

実際に運転席に座ってみると、ジュリアと同じような自然なポジションが取れるが、190mm高いアイポイントだから、窓の外の景色はまったく違って見える。

スタートボタンを押しエンジンを始動、走り出す。

画像: 右手側シフトアップ、左手側ダウンのコラム固定式の大型パドルシフトを搭載。

右手側シフトアップ、左手側ダウンのコラム固定式の大型パドルシフトを搭載。

280ps/400Nmを発生する2L 直4ターボエンジンは、低回転からのトルク感が自然で、ストップ&ゴーの多い一般道も違和感なく走ることができる。

画像: ファーストエディションは、280ps/400Nmを発生する2Lマルチエア16バルブ直4ターボを搭載。

ファーストエディションは、280ps/400Nmを発生する2Lマルチエア16バルブ直4ターボを搭載。

やはり走っていて面白いのは、想像どおりワインディングだった。細かいRのコーナーでも、ロール感を伴わずクリアしていくさまは、まさにスポーツカーのそれ。アイポイントが高いSUVを運転しているとは思えない、スポーツカーブランドらしい感覚だ。大型パドルシフトを積極的に使って、ずっと走っていたくなる。

かといって、足を固めて無理くり踏ん張っている感じでもなく、街乗りなど日常の速度で足の硬さを感じるわけでもない。最小回転半径が6mとイマイチな点だけは気になったが、室内のイタリアンテイスト溢れるデザインや本革シートの肌触りとともに、他人とは違う選択をしたい人にはオススメのSUVだ。

今回登場したのは、限定400台のファーストエディションのみだが、この年末には、ニュルブルクリンク北コースで7分51秒7というタイムを出し、見事量産SUV最速の座に輝いた、510psを発生する2.9L V6ツインターボエンジン搭載の「ステルヴィオ クアドリフォリオ」も上陸予定だ。

画像: ロール感を伴わないスポーツカーのようなコーナリングがステルヴィオの特徴だ。

ロール感を伴わないスポーツカーのようなコーナリングがステルヴィオの特徴だ。

ステルヴィオ ファーストエディション
●全長×全幅×全高=4690×1905×1680mm ●ホイールベース=2820mm ●車両重量=1810kg ●エンジン=直4DOHCターボ ●排気量=1995cc ●最高出力=280ps/5250rpm ●最大トルク=400Nm/2250rpm ●トランスミッション=8速AT ●駆動方式=4WD ●車両価格=689万円

画像: 乗車定員は5名。トランクスペースはVDA値で525Lを確保している。

乗車定員は5名。トランクスペースはVDA値で525Lを確保している。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.