気になるクルマのグッズを実際に買って試してみる「カーグッズ・レビュー」。第1回はamazonで見つけた「マッサージカーシート3in1」。これで酷暑の夏ドライブが乗り切れるかも!?

暑い暑い暑い 2018年の夏

今年の夏は、もう全国的に異常に暑い。

ドライブをする際にはエアコンを効かせて走っているので、車内はそれほど暑さを感じないだろう。それでも、汗っかきの人はシートと背中が蒸れて、背中に汗がにじんでしまうこともある。

ボクも歳を取るにつれ、なぜか昔よりも汗をかくようになってきた。ふつうのファブリックシートならば平気だけど、本革シートや、なぜかアルカンターラのシートだと、背中に汗染みができてしまうのが悩みのタネだったりする。

どんなカーグッズ?

今回、ネットショップで検索したのは「自動車」「シート」「涼しい」の3ワード。

すると、今でもタクシードライバーさんが愛用している「木製ビーズシートカバー」とか「竹製座布団」とかいろいろな商品がヒットするが、そんななかで注目してみたのは「クールカーシート」だ。

価格も2000円台から1万円台まで多数多様。そのなかでROOLIYというメーカーの「3in1 マッサージカーシート(6374円:タイムセール)」を実際に購入してみた。

選んだ理由としては、1:ファン付きで涼しい風が出る 2:シートヒーター付きなので冬もOK 3:さらにマッサージ機能も付いている 4:背もたれまでカバーする…の4つ。ユーザーの評価もなかなか高く、落ち着いた色合いだったのも大きい。

画像: 3in1マッサージカーシート。メガーヌに取り付けたら、まるで純正のようにフィットした。

3in1マッサージカーシート。メガーヌに取り付けたら、まるで純正のようにフィットした。

取り付けてみる…誰でもカンタンに取り付け可能

早速、長期デモカーのメガーヌ スポーツツアラーGTに取り付けてみる。

注文してから2日で届いたマッサージカーシートは、このような袋に入っていた。50cm×60cmくらいの大きめの商品だけど、だからクルマへの持ち込みはラクだ。

画像: 商品はこのような袋に入っているので、使わない時にもしまっておくことができる。

商品はこのような袋に入っているので、使わない時にもしまっておくことができる。

画像: 入っていた説明書。ちょっと日本語がおかしい部分もあるが、意味がわからないわけではない。

入っていた説明書。ちょっと日本語がおかしい部分もあるが、意味がわからないわけではない。

設置はカンタン。アタマの部分をシートのヘッドレスト部分にゴムで止め、腰の部分にストッパーをねじ込み、足の部分にあるフックをシート下の金具に引っかけ、電源コードをシガーソケットに差し込むだけ。説明書を見なくても、およそ3分で取り付け可能だ。

画像: シートの底部はこのフックで止める。

シートの底部はこのフックで止める。

画像: シートの裏側は滑り止めが配置されているのでズレにくい。

シートの裏側は滑り止めが配置されているのでズレにくい。

画像: 最後に12V電源をシガーソケットに差し込めば設置完了。

最後に12V電源をシガーソケットに差し込めば設置完了。

実際に使ってみて 背中のムレは気にならなくなった…

コード付きのリモコンで操作するのだが、そのリモコンが中国語表記なのは×。ここは英語表記だけに統一してほしかった。

画像: コードタイプのリモコン。中国語表記が…。

コードタイプのリモコン。中国語表記が…。

「冷風」モードの送風は、座面/背面の全体から出てくるので、太ももや腰、背中にかけて全体的に涼しい風が当たる。

パワーは弱/中/強の3段階。ボタンを押すごとに送風のパワーが変わり、右側のLEDがその強さを示してくれる。強モードでも、そんなにファンの音は響いてこないが、たとえば腰や背中をシートから離してみると、大きめの「サーッ」という風の音がする。弱モードでもけっこう涼しく感じるので、パワーは好みで決めるのがいい。

たしかに、この背中に当たる送風は、真夏のドライブには良さげだ。今までどうしてもシートに当たる背中部分に汗をかいていたのだが、これを装着してからは、気にならなくなったのは大きい。

リモコンの「按摩」ボタンを押すと使えるマッサージ機能は、かなり強めだ。腰椎部分にある左右2つの突起がブルブル震える…という単純なマッサージ機能ながら、震えるリズムが5パターンほどある(そのパターンを手動で選ぶことはできない)ので、なかなか気持ち良い。

気になった点…

薄手のカーシートとはいえ、やはりそれなりに厚みがあるため、座り慣れたいつもの運転席とは違った座り心地に、最初は戸惑った。シートポジションやミラーの感覚も装着前とは違うので、また調整し直す必要がある。

あと、お尻があたる部分に左右ベンチレーションの穴があるが、これが気になるっちゃ気になる。この穴がちょうどお尻にあたり、ちょっとした違和感がある。たとえば長距離を走ったときどうなるのか。慣れるのかもしれないから、ここはまたレポートしたい。

画像: 座面にあるこの穴が、ちょっとした違和感を覚える。

座面にあるこの穴が、ちょっとした違和感を覚える。

総合評価

そもそも、純正のシートの上に被せるタイプのカーシートだから、当然今まで座っていた感覚とは違うようになる。とくにメガーヌ スポーツツアラーGTのようにセミバケットタイプのシートだと、余計にそれが目立ってしまう。

それでも、送風機能は涼しいし、背中に汗をかくこともなくなった。

そういう意味では、効果がすぐにわかるという点では「良い」カーグッズだと思う。

商品名:マッサージ ホット クール カーシート 3in1 カーエアーシート
メーカー名:ROOLIY
購入金額:6374円(タイムセール)
購入場所:amazon

●効果:★★★★☆
(暑い日でも、運転していて背中に汗はかかなかった)
●コストパフォーマンス:★★★☆☆
(マッサージ機能が思いのほか良かった。シートヒーターは試せず)
●デザイン:★★★★☆
(合成皮革だが、純正が黒のシートには合う)
●満足度:★★★★☆
(背中の蒸れを解消したい!というためだけならば★5つ)

This article is a sponsored article by
''.