チューリッヒ保険会社による「あおり運転実態調査」で、約70%のドライバーがあおられていることが判明。警察に通報した人はわずか2%未満という実態も明らかになった。
画像: 【ニュース】
恐るべし、「あおり運転」の実態
-ドライバーの約70%が経験あり-

「あおり運転」の実態が浮き彫りに

全国のドライバー2,230人を対象に、チューリッヒ保険会社が、社会問題となり厳罰化が通達された「あおり運転」の実態調査を行った。

それによると、

・「あおり運転」の厳罰化を知っているドライバーは約半数

・ ドライバーの70.4%が「あおり運転」された経験あり

・「軽自動車」「コンパクトカー」などサイズの小さい車が、あおり運転を受けやすい傾向

といった実情が明らかになった。

しかも、あおり運転をされた時、57.0%が道を譲って対処、警察に通報した人はわずか2%未満となっている。その場をなんとかしのげればという所なのだろうか。

チューリッヒ保険会社は、こうした調査受け、専門家によるトラブル回避のコメントを今後紹介していく予定だ。

画像1: 「あおり運転」の実態が浮き彫りに
画像2: 「あおり運転」の実態が浮き彫りに
画像3: 「あおり運転」の実態が浮き彫りに

(略歴)

詳細は、

https://www.zurich.co.jp/car/useful/guide/research-road-rage/

でご確認下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.