永年に渡り自動車の発展と、人々の生活との関わりをつぶさに見つめてきた自動車ジャーナリストを中心に構成される非営利組織「クルマ塾」が開催するレジェンドに学ぶモノづくりの真髄セミナー」。第3回は10月14日、スバルで開発を主導してきたOBを講師に招いて開催された。

講演の後はトークショーも開催。

今回の会場は、東京・恵比寿の(株)SUBARU本社ショールーム。日曜の午後ということもあって、会場には100名を超えるスバリストが集まった。

画像: レガシィ用新水平対向エンジンの解説をする工藤氏。

レガシィ用新水平対向エンジンの解説をする工藤氏。

最初の講師は、初代レガシィのプロジェクトメンバーとして動力性能全般を開発し、スバルテクニカインターナショナル(STI)代表取締役社長などを務めた、工藤一郎氏。
テーマは「初代レガシィ用新水平対向エンジンの開発と進化」。
レオーネからレガシィへと進化するにあたって、新たに開発されたEJ型エンジン。その開発の過程を、当時の写真や図面など豊富な資料をモニターに投影しながら、水平対向エンジンや縦置きFWD→4WDのメリットなどを詳しく解説してくれた。

画像: スバル360から始まるスバル車の系譜を語る大林氏。

スバル360から始まるスバル車の系譜を語る大林氏。

続いて、富士重工業(当時) 車両研究実験第1部 部長などを務めた、大林眞吾氏。テーマは、「安心と愉しさの系譜」。
スバル360の開発ストーリーに始まり、日本初の本格FF車となったスバル1000、4WDの開発、そしてレオーネ、レガシィ、インプレッサなど、現在のスバル車の発展にいたる系譜を、これも豊富な写真や資料でわかりやすく解説してくれた。

画像: 左からMCの竹岡圭さん、工藤氏、大林氏、ゲストコメンテーターの清水和夫氏。

左からMCの竹岡圭さん、工藤氏、大林氏、ゲストコメンテーターの清水和夫氏。

そして休憩をはさんで、MCをつとめた竹岡圭さんとゲストコメンテーターに清水和夫氏を迎えて、4名によるトークショーも行われた。
スバルの4WDとの出会いがこの業界に入るきっかけだったという清水氏のスバルへの熱い思いに引きずられたのか、工藤氏、大林氏の語りも熱を帯び、『走りの良さと高い操縦安定性と安心の走りがスバル車』ということで3者の考えが一致した。
また昨年から全日本ラリーに参戦している竹岡さんも、スバルのラリー活動の活性化を訴え、工藤氏より“現役の人の考えかた次第”と前置きがあったものの、「ラリー活動こそがスバルブランドを支えてくれた大きな要因であるので期待したい」との発言があった。

トークショー後には来場者からの質疑応答も行われ、今後のスバル車についての質問に、広報部の方が対応する一幕もあり、3時間に渡る会は熱気を帯びつつ幕を閉じた。

This article is a sponsored article by
''.