伝説的なアクション刑事ドラマ「西部警察」に登場するクルマたち、マシンXやスーパーZ、RS-1など、特殊装備やリアルな架装を施されたマシンたちを、短期集中連載で紹介していこう。第3回目「西部警察 マシンアルバム File.03」は、6代目“ニューマン”スカイラインのRSをベースにしたRS-3だ。
画像: RS-3はパート2の第15話でスーパーZと共に登場したマシンRSの生まれ変わり。ボディの外観も大幅にモディファイされた。

RS-3はパート2の第15話でスーパーZと共に登場したマシンRSの生まれ変わり。ボディの外観も大幅にモディファイされた。

パート2の第15話「ニューフェイス!! 西部警察機動軍団」でスーパーZと登場

1979年10月から1984年10月まで、テレビ朝日系で放映されたポリス・アクション・ドラマの金字塔「西部警察」。初回放映から40年近く経った今でも熱烈なファンを持つドラマだ。その人気の理由のひとつが、劇中に登場した西部警察マシンたちだ。今なお伝説的な存在として語り継がれている。

ここでは、そんなモデルたちを短期集中連載で紹介していこう。第3回目「西部警察 マシンアルバム File.03」は、西部警察のパート3・第16話でRS-1、RS-2とともに登場した特別機動車両・RS-3だ。

ベースとなったのは、6代目DR30型スカイラインの2ドアハードトップ2000RS。「DOHC 4バルブ」という初代GT-Rに搭載されたS20型以来の高性能ユニット・FJ20E型エンジンを手に入れ、4気筒ながら“レーシングスポーツ”の名を与えられた。

RS軍団の中では、「エレクトロニクスを駆使した情報分析車」として位置付けられている。主な情報分析&制御機能としては、赤外線暗視装置や温度感知画像処理装置、各種情報交換や目的地までの経路誘導などを行なう自動車総合管制システム、電波の発信方向および距離を表示する信号分析装置、前後方向の追跡レーダーやシグナルコントロール(信号制御装置)を搭載。ハイテクで武装したまさに「情報分析マシン」なのだ。詳しくは、https://www.motormagazine.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=951

画像: RS軍団の中では、「エレクトロニクスを駆使した情報分析車」として位置付けられている。

RS軍団の中では、「エレクトロニクスを駆使した情報分析車」として位置付けられている。

画像: コクピットはマシンRSを引き継ぐ形で、助手席を外しコンピューターや特殊無線機を配置する。サーチライトやビデオカメラの搭載など、全体のイメージはマシンXの後継車的な印象だ。

コクピットはマシンRSを引き継ぐ形で、助手席を外しコンピューターや特殊無線機を配置する。サーチライトやビデオカメラの搭載など、全体のイメージはマシンXの後継車的な印象だ。

画像: 後席部は、シートレイアウトを変更し、進行方向に対して右向きにコルビューのバケットシートを装着。当時の最先端パソコンに大型CRTモニター&キーボード、プリンターなどを配置する。運転席の人間と分けて情報分析が行なえるほか、前席のコンピューターと連携して、犯人追跡時に道路状況や逃走車の情報を共有することができる。

後席部は、シートレイアウトを変更し、進行方向に対して右向きにコルビューのバケットシートを装着。当時の最先端パソコンに大型CRTモニター&キーボード、プリンターなどを配置する。運転席の人間と分けて情報分析が行なえるほか、前席のコンピューターと連携して、犯人追跡時に道路状況や逃走車の情報を共有することができる。

画像: 【スペシャルムービー03】西部警察に登場したRS-3 西部警察FANBOOK~マシンアルバム www.youtube.com

【スペシャルムービー03】西部警察に登場したRS-3 西部警察FANBOOK~マシンアルバム

www.youtube.com

■動画撮影&編集:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.