3月17日までスイス・ジュネーブで開催される「第89回ジュネーブ国際モーターショー」。3月5日からプレスデーが始まっている。プジョーブースには新型208などがワールドプレミアされた。

新型208は3つのパワートレーン。注目はEV「e-208」

ジュネーブショーでワールドプレミア(世界初公開された)新型208。これはプジョーのベストセラーBセグメントモデル「208」のフルモデルチェンジ版で、208としては2代目となる。

今回ディーゼル、ガソリンのほかにフルEVというパワートレーンを用意。このうちEVモデル「e-208」は、136psの最大出力と0発進時から立ち上がる最大出力260Nmを発生するモーターを搭載。

インテリアではヘッドアップディスプレイの「i-コックピット」が3D化されて新世代デザインになっている。

画像: 新型プジョー208。

新型プジョー208。

画像: 新世代のi-コックピット。

新世代のi-コックピット。

PHEV「508プジョー・スポールエンジニアードコンセプト」

今後市販が予定されるコンセプトモデルとして508 PEUGEOT SPORT ENGINEERD(508プジョー・スポールエンジニアード) コンセプトがワールドプレミアされた。

508ハイブリッドが革新的サルーンとすれば、508PEUGEOT SPORT ENGINEERD コンセプトはそこから生み出された、スタイリングと動力性能を向上させたモデル。

プジョー・スポールのエンジニアチームのエキスパートたちが開発を担当したこの508 PEUGEOT SPORT ENGINEERD コンセプトは、内燃機関で400ps相当の素晴らしいパフォーマンスを発揮する。

具体的には、200psのPureTechガソリンエンジンと110psの電気モーターをフロントに、リアには200psの電気モーターを搭載した3つの動力源を持つ四輪駆動であり、驚くほどの加速性能を発揮する。

508 PEUGEOT SPORT ENGINEERD コンセプトは、ハイブリッド化することで実走行時の高い効率性を実現し、フル電動モードで50kmの走行(WLTP基準)が可能になる。

画像: PHEV「508プジョー・スポールエンジニアードコンセプト」

100%電動化されたプジョーブース

この 2台のワールドプレミアほか、この秋にヨー六PD艶導入予定の3008ハイブリッド4/508ハイブリッド、100%EVの「e-Legendコンセプト」など、1400平方メートルのブースにすべて電動化された車両を展示している。

画像: e-Legendコンセプト。

e-Legendコンセプト。

画像: 3008ハイブリッド4。

3008ハイブリッド4。

This article is a sponsored article by
''.