Q.1
17年ぶりに復活した新型「スープラ」。実はある自動車メーカーのクルマと兄弟車関係にあります。それはどこでしょう?

画像1: 【知って得するクルマのクイズ⑨】今回はデビュー間もない新型トヨタ スープラに関する問題です
  • 1.ポルシェ
  • 2.BMW
  • 3.マツダ
  • 4.アウディ
  • 1.ポルシェ
    3
    18
  • 2.BMW
    92
    531
  • 3.マツダ
    3
    18
  • 4.アウディ
    2
    10

正解:2

新型スープラはBMW Z4との兄弟車で、2台のフォルムからそれは見て取れるかと思います。外観での一番の大きな違いは、スープラはクローズドクーペであるのに対し、Z4がオープンカーであるということ。内装や細かなスペックを見ていくとそれぞれの個性があり、どちらも甲乙付け難い素敵なクルマと言えるのではないでしょうか。

Q.2
新型スープラは5代目ですが、国内では何代目のスープラでしょうか?

画像2: 【知って得するクルマのクイズ⑨】今回はデビュー間もない新型トヨタ スープラに関する問題です
  • 1.2代目
  • 2.3代目
  • 3.6代目
  • 4.7代目
  • 1.2代目
    6
    34
  • 2.3代目
    71
    402
  • 3.6代目
    17
    97
  • 4.7代目
    6
    34

正解:2

スープラの初代と2代目は元々セリカXXという名前で国内販売されていたモデルで、漫画「よろしくメカドック」の主人公の愛車としても知られています。このセリカXXを北米に輸出する際、「X」の表記が適切ではないとなり、スープラという名前で販売されていました。その後、3代目にモデルチェンジする際からスープラに名称が変更されたのです。

Q.3
新型スープラのグレードSZ-RとSZに搭載されているエンジンは?

画像3: 【知って得するクルマのクイズ⑨】今回はデビュー間もない新型トヨタ スープラに関する問題です
  • 1.2,997cc 直列6気筒 ターボ
  • 2.1,998cc 直列4気筒ターボ
  • 3.1,998cc 水平対向4気筒
  • 4.2,997cc 直列6気筒
  • 1.2,997cc 直列6気筒 ターボ
    28
    160
  • 2.1,998cc 直列4気筒ターボ
    59
    343
  • 3.1,998cc 水平対向4気筒
    3
    19
  • 4.2,997cc 直列6気筒
    10
    55

正解:2

4代目モデルまでは一貫して直列6気筒エンジンのFR車であったスープラ。トヨタが共同開発の相手にBMWを選んだ大きな理由は、直列6気筒/FR車を保有していた唯一のメーカーだったからだと言われています。5代目となる新型スープラには、6気筒3LターボのRZとともに4気筒2LターボモデルのSZ-RとSZがラインアップされました。ただし4気筒モデルといっても、走行モードを「エコ」なしの「ノーマル」/「スポーツ」の2択とし、6気筒同様に走る喜びが追求されています。

This article is a sponsored article by
''.