ソニー損保とYahoo! JAPANが共同研究を開始。カーナビの運転特性データを活用して、個人向け運転行動連動型保険やサービスを開発する。

運転がうまいドライバーは保険料が安くなる!?

ソニー損保といえば、「保険料は走る分だけ」というリスク細分型保険でおなじみ。2015年2月に日本で初めて加速・減速の発生状況を保険料に反映させる「やさしい運転キャッシュバック型」を販売、テレマティクス保険のパイオニアでもある。

テレマティクス保険というのは、通信を使って、走行速度や加速・減速、コーナリングなど、ドライバーの運転技術を判定するためのデータをリアルタイムで受信。優良ドライバーの保険料は割引、そうでないドライバーは割増となる保険。安全でスムーズな運転を心がけているドライバーは保険料が安くなるわけだ。

画像: 運転がうまいドライバーは保険料が安くなる!?

今回、Yahoo! JAPANと共同研究するのは、「Yahoo!カーナビ」で計測された、走行速度、急加速、急減速などの運転特性データを使って、運転行動連動型保険商品を開発しようというもの。
ソニー損保の保険契約者の中から、この研究に協力してもらえる人にモニターテストをお願いしデータを収集する。モニターテストは、2017年春から約1年間の予定。
「Yahoo!カーナビ」を使っているあなたのデータが勝手に使われることはない。

一方のYahoo! JAPANは、「Yahoo!カーナビ」で目的地まで案内するだけでなく、パートナー企業と連携してカーテレマティクス事業を展開する考え。

ソニー損保とYahoo! JAPANの協働で、リーズナブルな保険料の保険、安全運転支援サービス、事故を未然に防ぐサービスなどが生まれることを期待したい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.