フェラーリが新型V12ベルリネッタである「フェラーリ 812 Superfast」を3月7日から開催されるジュネーブ国際モーターショーで公開する。6.5Lで最高出力800psを発揮するフロントミッドシップエンジンのスーパーモデルだ。
画像1: 【ニューモデル】フェラーリの新型V12ベルリネッタ、“812 Superfast”が写真公開。現車はジュネーブに登場する

すべてを兼ね備えた新型V12ベルリネッタ

フェラーリは伝統的にV12エンジンを搭載するFRのGTカーをラインナップするが、そのニューモデルが3月7日から開催されるジュネーブ国際モーターショーで公開されることになった。

それは「フェラーリ 812 Superfast」とネーミングされたモデルで、エンジンは6496ccのV12で最高出力は800ps/8000rpm、最大トルクは718Nm/7000rpmを誇る。従来のF12ベルリネッタに比べて排気量は234cc拡大、出力とトルクは60ps、28Nmアップしている。そしてついに0→100km/h加速はなんと3秒を切り、2.9秒だというからこれはもう驚き以外の何物でもない。もはやこれはFRマシンとしての限界領域でないかと思われる数字だ。

スタイリングも見事だ。ハイテールの2ボックススタイルが美しい。フェラーリ自身で「1969年の名車、365GTB4を想起させる」と言っている。もちろん、最高速340km/hを謳うこともありエアロダイナミクスにも隙はない。

コクピットまわりは実にアグレッシブで、スタイリングと同様に迫力がありながら、また非常に優雅でもある。いかにもフェラーリのベルリネッタだ。

今回は写真が公開されたわけだが、現車が3月7日からのジュネーブ国際モーターショーに登場する。早く自分の眼で実物を確認したいものだ。

画像: すべてを兼ね備えた新型V12ベルリネッタ

●主要諸元
・エンジン
タイプ=65度V12
総排気量=6496cc
最高出力=588kW(800ps)/8000rpm
最大トルク=718Nm/7000rpm
・サイズ&重量
全長×全幅×全高=4657×1971×1276mm
乾燥重量=1525kg
前後重量配分=47対53
・性能
最高速=340km/h以上
0→100km/h加速=2.9秒
燃費=149L/100km(NEDC)
CO2排出量=340g/km
 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.