ポルシェの販売が世界的に好調だ。3月14日に開催されたフォルクスワーゲングループのアニュアルミーティングで、2016年のモデル別生産台数が明らかになったが、それはちょっとばかり意外なものだった。
画像: 2016年、ロサンゼルスにオープンしたポルシェ エクスペリエンス センター。

2016年、ロサンゼルスにオープンしたポルシェ エクスペリエンス センター。

生産されているポルシェの40.6%はあのモデル

ポルシェの2016年世界販売は23万7778台で前年比プラス6%と相変わらず好調だ。2013年は16万2145台、2014年は18万9849台、2015年は22万5121台とトントン拍子に販売を伸ばしている。

さて、その立役者となっているモデルは何なのだろうか。3月14日に開催されたフォルクスワーゲングループのアニュアルミーティングで、2016年のモデル別生産台数が明らかになったが、その結果には少々驚いた。

ポルシェなのだから「それはもちろん911」と思う人は多いだろう。911でないにしてもポルシェとしてはお手頃価格の「ボクスター/ケイマン」なはずだと考えるのも自然だと思う。

ところが実際はポルシェの生産台数の40.6%と圧倒的多数を占めるのはSUVのマカンなのだ。その台数は9万7177台にもなる。そして2番目を聞くとまた驚く。29.9%の7万1693台生産されたのはマカンの兄貴分であるカイエンだった。

ということはナント、生産されているポルシェの70.5%はSUVなのだ。そして、実はこのポルシェのSUV比率は2015年も同レベルで70.7%だった。ポルシェの2016年モデル別生産台数は以下のとおりだが、「ポルシェはスポーツカー以外のモデルを作ることで、スポーツカーメーカーとしての地位を盤石なものにした」と言われている理由がよくわかった。

●2016年ポルシェのモデル別生産台数
マカン 9万7177台(40.6%)
カイエン 7万1693台(29.9%)
911 3万1648台(13.2%)
ボクスター/ケイマン 2万4882台
パナメーラ 1万4218台
総計 23万9618台

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.