キャデラックレーシングの血統を受け継ぐVシリーズに初めて限定車が設定された。「キャデラック CTS-V カーボンブラックパッケージ」がそれで精悍なスタイリングが大いなる魅力だ。
画像: キャデラック CTS-V カーボンブラックパッケージ。Vシリーズ初の限定車。

キャデラック CTS-V カーボンブラックパッケージ。Vシリーズ初の限定車。

649psのビッグパワーに相応しい迫力あるフォルム

キャデラックの“Vシリーズ”と言えば、キャデラックレーシングの血統を受け継ぐスーパースポーツセダンで、2004年に初登場した特別なモデルだ。そして、現在はATSとCTSに設定されているが、そのVシリーズに初めて限定車が設定された。

それが「キャデラック CTS-V カーボンブラックパッケージ」で、CTS-V セダン Spec-Bをベースにして、内外装に特別装備を施したモデルだ。ボディカラーはブラックとホワイトの2種、それぞれ2台ずつ計4台で非常に希少価値があると言えそうだ。

画像: キャデラック CTS-V カーボンブラックパッケージ。ボディカラーはホワイトとブラックの2種を用意。

キャデラック CTS-V カーボンブラックパッケージ。ボディカラーはホワイトとブラックの2種を用意。

特別装備の内容は「カーボンブラックパッケージ」、「ブラッククロームグリル」、「19インチアフターミッドナイトダークフィニッシュアルミホイール」、「ローグロスカーボンファイバーインテリアトリム」だ。

画像: インテリアには一部にカーボンがあしらわれた。

インテリアには一部にカーボンがあしらわれた。

これで車両価格はベース車の15万円高に抑えられた1490万円。最高出力649ps、最大トルク855Nmを誇る6.2L V8OHVスーパーチャージャーのエンジンなど、運動性能に関わる部分はベース車から変更はない。しかし、この迫力あるフォルムは周囲に只者ではないことを大いにアピールするだろう。なお、受注開始は6月3日となる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.