6月30日、ポルシェが新しいモデルイヤーの内容を発表し、コネクトサービスをコネクトプラスオプションに追加するともに、新しいエクステリアカラーとインテリアカラーを設定、また911Sにパワーアップキットを設定することを明らかにした。

コネクティビティの向上と30psパワーアップ機能を設定

ドイツ本国では3月にアナウンスされていたが、6月30日、ポルシェジャパンから正式に新しいイヤーモデルの内容が発表された。それによると、大きなポイントは、コネクティビティの向上、新しいカラーの設定、911Sへのパワーアップキットのオプション設定の3つ。

画像: 911S

911S

ポルシェ コネクト サービスは新型パナメーラで導入され人気を集めている機能で、これを全車のコネクト プラスオプションに追加する。これにより、コンシェルジュ サービス、天気予報、駐車場情報などの機能を3年間無料で使用することができる。

アップデートされるカラーも注目ポイント。911と718ケイマン/ボクスターの全車に「クレヨン」を設定。911ターボと911ターボSには4層コートのサフランイエローメタリックも設定される。インテリアはブラックあるいはブラック/クレヨン、911タルガ4Sエクスクルーシブ デザインエディションは、エトナブルーのボディとグラファイトブルーのインテリアも注文できる。

パワーアップキットは911S(911カレラS、911カレラ4S、および911タルガ4S)にオプション設定されるもので、22kW(30PS)の出力をアップして331kW(450PS)を発揮するようになる。なお、このパッケージには、大型のターボチャージャー、ダイナミックエンジンマウントを含むスポーツクロノパッケージ、改良されたブレーキクーリングシステム、および中央に2本のテールパイプを備えたユニークなデザインのスポーツエグゾーストシステムが含まれる。

画像: 718ボクスター

718ボクスター

新しいイヤーモデルに関する価格や導入時期など詳細は後日発表される。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.