現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はSUVにスポットを当てており、今回は「BMW X3」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: BMW X3 xDrive 20d xライン。日本で乗るにはちょうどいいサイズと言えそうだ。

BMW X3 xDrive 20d xライン。日本で乗るにはちょうどいいサイズと言えそうだ。

使いやすさが大きな魅力

2011年に現行の2世代目モデルが上陸し、2014年に大掛かりなフェイスリフトも受けているミッドサイズSUVのX3。日本にジャストのサイズ感で人気も根強いが、6年目を迎えて年内にも新型の登場気配が濃厚となっている。

搭載エンジンはガソリンが2L直4ターボの20iと3L直6ターボの35i。さらに2L直4ディーゼルターボ、20dの用意もある。全車8速ATで駆動はxDrive。標準仕様に加えてxラインとMスポーツというデザインラインも展開する。

注目ポイント:スムーズで高回転まで淀みなく回るガソリンエンジンも魅力的だが、SUVでは低回転のトルクが厚いディーゼルエンジンが人気。ガソリン車との価格差も控えめな設定。

BMW X3 主要諸元

全長:4655 ~4665mm
搭載エンジン:2L直4ターボ/2L直4ディーゼルターボ/3L直6ターボ
駆動方式:4WD
トランスミッション:8速AT
車両価格:6,240,000~8,280,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.