ルノーのBセグメントモデル、ルーテシアに設定されるスポーツモデルが「ルーテシア ルノー・スポール(R.S.)だ。今回マイナーチェンジを行い、さらに精悍なデザインに変更。さらにグレード体系を見直し、魅力ある価格設定になったのもニュースだ。まずはその概要から。
画像: ルーテシアR.S. シャシーカップ(車両価格309万円)。

ルーテシアR.S. シャシーカップ(車両価格309万円)。

ルーテシアR.S.とは?

F1など数々のモータースポーツで活躍するルノーのレーシングコンストラクターであり、その技術を採り入れた市販モデルを開発するのが、「ルノー・スポール(R.S.)」だ。

そんなスポーツモデルであるR.S.のBセグメント・ホットハッチが「ルーテシアR.S.」。日本では2013年に登場している。

ライバルとなるのは、フォルクスワーゲンポロGTIやプジョー208GTiなど。ルノー的にはホットハッチのなかでも「ゼネラリスト」と呼ばれるジャンルにカテゴライズされるそうで、同じくBセグメントモデルのMINIクーパーSとは違うカテゴリーなのだそう。

画像: ライバルのBセグメントホットハッチとの比較。ルーテシアR.S.は堅調。

ライバルのBセグメントホットハッチとの比較。ルーテシアR.S.は堅調。

で、そのなかでもルーテシアR.S.は2014年795台、2015年515台、2016年415台と安定して販売され、2017年1-5月ではシェア42%と、ライバルを抑えトップの座を奪っている。

200万円台のモデルが登場

というわけで、まずマイナーチェンジの詳細に触れる前にグレード体系の変更から。

従来はルーテシアR.S.「シャシースポール」と「トロフィー」の2グレードで展開したものが、今回「シャシーカップ」が復活、シャシースポール/シャシーカップ/トロフィーの3グレードになった。

価格はシャシースポールが284万円、シャシーカップが309万円、トロフィーが329万円。従来、シャシースポールは307万5000円だったから、23万5000円も安くなったことになる。

「シャシーカップは入門バージョン」と説明するが、この性能で300万円を切る価格を付けたルノージャポンの戦略は恐れ入った。

ちなみに、全グレードとも1.6L直噴ターボエンジンを搭載するが、シャシースポール/シャシーカップは200ps/240Nm、トロフィーは220ps/260Nmとパワー/トルクは異なる。また、3グレードそれぞれに、車高やバネレートなど独自の味付けが施されている。

LEDを多用し、より精悍な顔つきに

7月6日に登場した新型ルーテシアR.S.。いわゆるマイナーチェンジになるが、エクステリアを大きく変更したのが特徴だ。

まずはヘッドランプをフルLED化。さらにチェッカーフラッグをモチーフにしたという「R.S.ビジョン」と呼ばれるポジションランプ/フォグランプ/ハイビーム/コーナリングランプが目新しい。

画像: ヘッドランプをLED化。フロントバンパーに見えるチェッカーフラッグ模様が「R.S.ビジョン」と呼ばれるランプ。

ヘッドランプをLED化。フロントバンパーに見えるチェッカーフラッグ模様が「R.S.ビジョン」と呼ばれるランプ。


インテリアは小変更。シート表皮が変更されたり、ドアトリムのデザインが変更されたり…となっている。またシャシースポールのみ、手持ちのスマホでコントロール可能な「R&Goアプリ対応ラジオ」が設定されている。

画像: ルーテシアR.S. シャシーカップのインテリア。2DINカーナビはオプション。

ルーテシアR.S. シャシーカップのインテリア。2DINカーナビはオプション。

画像: メーターデザインは従来と変わらない。ハンドルの赤いセンターマークがスポーティ。

メーターデザインは従来と変わらない。ハンドルの赤いセンターマークがスポーティ。

画像: シート表皮が変更。ヘッドレストにある赤い「R.S.」ステッチがやる気を感じさせる。

シート表皮が変更。ヘッドレストにある赤い「R.S.」ステッチがやる気を感じさせる。

画像: リアスタイル。

リアスタイル。

後編はこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.