横浜ゴムは7月21日、オフィシャルシャツパートナーを務める英国・プレミアリーグ「チェルシーFC」と、新たに2017−2018年シーズンのスリーブスポンサー契約を締結した。
画像: チェルシーFCユニフォームの袖には、横浜ゴムが展開するブランド「アライアンスタイヤ」のロゴが入る。

チェルシーFCユニフォームの袖には、横浜ゴムが展開するブランド「アライアンスタイヤ」のロゴが入る。

胸だけでなく袖にもロゴが入る

従来より、胸部分には「YOKOHAMA TYRES(ヨコハマ タイヤ)」が表示されていたが、それに加えて、同じく横浜ゴムが展開するブランドである「ALLIANCE TYRES(アライアンス タイヤ)」のロゴが左袖口(スリーブ)に表示される。


新ユニフォームは7月22日に北京の北京国家体育場(通称:鳥の巣スタジアム)で行われたアーセナルFCとのプレシーズンマッチで初めて着用された。

画像: 胸だけでなく袖にもロゴが入る

「アライアンス」は今年から展開する新乗用車ブランド

「アライアンス」は、横浜ゴムが2017年より欧州を皮切りに展開する乗用車向けタイヤのブランド。「ヨコハマ」ブランドに加え「アライアンス」ブランドを市場へ展開することにより、より広い顧客層や多様化する消費者のニーズに応えていくという。

なお、農機・建機用タイヤにおいては、2016年7月に買収したオフハイウェイタイヤの専業メーカーであるアライアンスタイヤグループ(ATG)が「アライアンス」ブランドの商品をすでに展開している。

横浜ゴムはタイヤ販売拡大に向け、世界中に数多くのファンを持つチェルシーFCと2015年7月から5年間に渡るパートナー契約を結んでいる。

昨シーズン、プレミアリーグチャンピオンに返り咲いた同チームのパートナーとして「チャンピオン」のイメージとの親和性を高め「ヨコハマ」および「アライアンス」のブランド認知向上を図っていくという。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.