現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はクロスオーバーにスポットを当てているが、今回は「アウディA6 オールロードクワトロ」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: アウディA6 オールロードクワトロ。文字どおり“あらゆる道”を走破できるほどの実力を持つ。

アウディA6 オールロードクワトロ。文字どおり“あらゆる道”を走破できるほどの実力を持つ。

エアサスペンションを装備する本格派

A4とともに2014年からカタログモデルとなったA6オールロードクワトロ。翌年セダンやアバントと同様、エンジンの改良やマトリクスLEDヘッドライトの設定といった改良を受けた。

単一グレード展開で、搭載されるエンジンは3L V6スーパーチャージャー。オールロード独特の装備として注目される車高調節が可能なアダプティブエアサスペンション。ドライブセレクトのモード設定と連動して地上高を155mmから最大190mmまで変更できる。

注目ポイント:ドライブセレクトに設定されたオールロードモードを選択すると、車高が上がって走破性の向上に寄与する。クワトロは前40:後60を基本に幅広くトルク配分を変える。

アウディA6 オールロードクワトロ 主要諸元

全長×全幅×全高:4940×1900×1500mm
搭載エンジン:3L V6 SC
最高出力:333ps/5500-6500rpm
最大トルク:440Nm/2900-5300rpm
駆動方式:4WD
トランスミッション:7速DCT
車両価格:9,590,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.