ポルシェがモータースポーツ活動を応援する一環として、富士スピードウェイにパナメーラ 4S のオフィシャルカーを提供した。
画像: 富士スピードウェイへオフィシャルカーとして提供されたポルシェ パナメーラ 4S。

富士スピードウェイへオフィシャルカーとして提供されたポルシェ パナメーラ 4S。

モータースポーツを様々な側面から支援

ポルシェ ジャパンが富士スピードウェイにパナメーラ 4S をオフィシャルカーとして提供した。その贈呈式が8月6日、スーパーGT第5戦/ポルシェ カレラカップ ジャパン第8戦の開催時に行われた。

画像: 8月6日のカレラカップでさっそく活躍。

8月6日のカレラカップでさっそく活躍。

このオフィシャルカーは今後、富士スピードウェイで行われるレースやイベントなどでペースカー、コース点検、サーキットタクシーなどとして使用される。パナメーラ 4S はスポーツカーとしてのパフォーマンスとラグジュアリーサルーンとしての快適性を合わせ持つので、オフィシャルカーとして最適な1台と言えるだろう。

画像: これは22017年4月にGTアソシエーションへ提供されたマカン ターボ。

これは22017年4月にGTアソシエーションへ提供されたマカン ターボ。

ポルシェ ジャパンはこれまでにもGTアソシエーションに、スーパーGTシリーズのファースト・レスキュー・オペレーション車両として、2012年5月にカイエン S ハイブリッド、2015年4月にカイエン S E-ハイブリッド、2017年4月にはマカンターボを提供している。

画像: 2015年4月にGTアソシエーションに提供されたカイエン S E-ハイブリッド。

2015年4月にGTアソシエーションに提供されたカイエン S E-ハイブリッド。

ポルシェ ジャパンは、カレラカップなどのレースを開催したり、オフィシャルカーの提供をしたりすることで、モータースポーツ文化の発展に寄与したいと考えているのだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.