現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はクロスオーバーにスポットを当てているが、今回は「シトロエン C4ピカソ」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: これはC4ピカソより全長が165mm長いグランドC4ピカソ。

これはC4ピカソより全長が165mm長いグランドC4ピカソ。

家族思いの快適ライドフィール

2代目から名称を整理し、5人乗りショート版をC4ピカソ、7人乗りをグランドC4ピカソとした現行型は、シャシにもPSA最新のEMP2を採用した。

先代のリアに採用されたエアサスペンションも廃し、軽量シャシと組み合わせたボディはコイルサスながら往年のハイドロニューマティックを思わせる、マルチパーパスモデルに相応しい上質なライドフィールを実現している。

注目ポイント:2017年初頭にディーゼルを投入。グレード名もシャインに改められた。グランドC4ピカソにのみ、先進安全装備を簡略化して価格を抑えた限定車フィールが設定される。

シトロエン C4ピカソ 主要諸元

全長:4440~4605mm
搭載エンジン:1.6L直4ターボ/2L直4ターボ
駆動方式:FF
トランスミッション:6速AT
車両価格:3,470,000円~3,800,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.