現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はクロスオーバーにスポットを当てているが、今回は「ボルボ V60 クロスカントリー」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: ボルボ V60 クロスカントリー D4 SE。車高はV60より高いが、走りの安定感は変わらない。

ボルボ V60 クロスカントリー D4 SE。車高はV60より高いが、走りの安定感は変わらない。

クロスカントリーモデルの第二弾

ボルボは60シリーズと90シリーズには、Sレンジ、Vレンジ、XCレンジ、そしてクロスカントリーレンジをすべて揃えている。

このV60クロスカントリーは、ワゴンとSUVのクロスオーバーという位置づけで、200mmの最低地上高を確保、オールラウンドな走行性能を実現している。

もちろん、ボルボの最新の安全・運転支援システム“インテリセーフ”が標準装備されるので安心感は高い。また独特の外観もスペシャル感の高いものとなっている。

注目ポイント:V60はルーフレールがなくなっているのでそうした装備が必要な場合は、このV60クロスカントリーを選ぶことになる。アウトドアフィールドでのポテンシャルは高い。

ボルボ V60 クロスカントリー 主要諸元

全長×全幅×全高:4640×1865×1540mm
搭載エンジン:2L直4ターボ/2L直4ディーゼルターボ
駆動方式:FF/4WD
トランスミッション:8速AT
車両価格:4,990,000~5,290,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.