現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はスポーツカーにスポットを当てているが、今回は「フェラーリ 488」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: フェラーリ 488 GTB。高いポテンシャルを持つが、驚くほど運転がしやすい。

フェラーリ 488 GTB。高いポテンシャルを持つが、驚くほど運転がしやすい。

まさに公道を走るレーシングマシン

V8ミッドシップの2シータースポーツ最新モデル。クーペのGTBは2015年2月、リトラクタブルハードトップを備えたオープンのスパイダーは9月のフランクフルトモーターショーで披露された。

搭載されるエンジンは最高出力670ps/最大トルク760Nmの3902ccのV8ターボ。1470kgの車体を3秒フラットで100km/hまで加速させる。

画像: 戦闘機のエアインテークを模倣したエアベント。

戦闘機のエアインテークを模倣したエアベント。

また、アクティブ ダンパーなどを統合制御するサイドスリップ アングル コントロールシステム2を搭載する。

注目ポイント:サーキットなど、本格的な走りを極めるにはV12よりもコンパクトなV8モデルの方が有利。それ故にフェラーリの本気走りをリードするのが488の務めと言える。

画像: 大型のディフューザーが目を引くリアまわり。

大型のディフューザーが目を引くリアまわり。

フェラーリ 488 主要諸元

全長:4568mm
搭載エンジン:3.9L V8ツインターボ
駆動方式:MR
トランスミッション:7速DCT
車両価格:30,700,000~34,500,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.