メルセデス・ベンツのフォーマルカーの頂点に立つ、メルセデス・マイバッハ Sクラスがマイナーチェンジを受けた。安全装備とテレマティクスサービスが充実した内容になった。
画像: メルセデス・マイバッハ Sクラス。フロントまわりのデザインも変更されている。

メルセデス・マイバッハ Sクラス。フロントまわりのデザインも変更されている。

安全&快適装備がさらに充実

メルセデス・マイバッハ Sクラスは、メルセデス・ベンツSクラスのロングモデルよりも200mm長いホイールベースを持つ。それにより増えたスペースはすべて後席空間に当てられているショーファードリブンの超高級車だ。

そのメルセデス・マイバッハ Sクラスがマイナーチェンジを受けた。8月9日に発表されたメルセデス・ベンツ Sクラスのマイナーチェンジに準じた変更が主で、まずテレマティクスサービスの「Mercedes me connect」を導入、そして安全性と快適性、効率性を高次元で融合する「インテリジェントドライブ」が進化した。また、S560とS560 4MATICには新型の4L V8直憤ツインターボエンジンが搭載された。

画像: ファーストクラスパッケージを装着したリアシート。

ファーストクラスパッケージを装着したリアシート。

さらにメルセデス・マイバッハ独自のポイントは、内外装のデザインを小変更したこと。またクーリングボックスやシャンパングラス、格納式テーブルなどからなるファーストクラスパッケージを設定したことだ。

よりラグジュアリー性を増したメルセデス・マイバッハ Sクラスの新ラインナップは下記のとおりだ。

メルセデス・マイバッハ ラインナップ

S560(4L V8ツインターボ・右):2253万円
S560 4MATIC(4L V8ツインターボ・左):2253万円
S650(6L V12ツインターボ・右):2761万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.