日本ミシュランタイヤは、SUBARUが主催する「SUBARU ゲレンデタクシー2018」の全車両にミシュランのスタッドレスタイヤ「MICHELIN X-ICE XI3(ミシュラン エックスアイス エックスアイスリー)」(以下、X-ICE XI3)を供給する。
画像: 昨シーズンの「ゲレンデタクシー」の様子。

昨シーズンの「ゲレンデタクシー」の様子。

今シーズンで5回目となる「ゲレンデタクシー」

「SUBARU ゲレンデタクシー」は、通常では車で走ることのできないスキー場ゲレンデ内で、リフトの代わりにスバルのSUV車両に乗り、山頂まで届けるイベント。

今年は記念すべき5回目の開催で、サッポロテイネスキー場(北海道札幌市)、安比高原スキー場(岩手県八幡平市)、栂池高原スキー場(長野県北安曇郡)、苗場スキー場(新潟県南魚沼郡)の4会場で12月中旬〜2月中旬にかけて過去最大規模での開催となる。

さらに、苗場スキー場では、ゲレンデタクシーをさらにパワーアップさせた「SUBARU SNOW FES IN NAEBA」を開催し、ゲレンデ全体でSUBARUを愉しめる。

昨シーズン開催された「ゲレンデタクシー2017」は、エコーバレースキー場(長野県小県群)など2会場で、延べ4日間の期間中に約2,000人以上が乗車、大きな反響があったという。

今回のイベントで使用される車両は、「レガシィ アウトバック」「フォレスター」、そして、2017年4月にフルモデルチェンジした「SUBARU XV」の3車種を予定。ミシュランではアイス性能はもちろん、雪上でも優れた走破性や安全性を発揮するX-ICE XI3でSUBARU車両の足元を全面サポートする。

開催会場・日程

2017年12月16日(土)〜17日(日):北海道・サッポロテイネスキー場

https://sapporo-teine.com/snow/

2018年1月20日(土)〜21日(日):岩手県・安比高原スキー場

https://www.appi.co.jp/ski

2018年2月3日(土)〜4日(日):長野県・栂池高原スキー場

http://www.tsugaike.gr.jp/

2018年2月17日(土)〜18日(日):新潟県・苗場スキー場

http://www.princehotels.co.jp/ski/naeba/

画像: SUBARU車両の足元をサポートするミシュランのスタッドレスタイヤ、X-ICE XI3。

SUBARU車両の足元をサポートするミシュランのスタッドレスタイヤ、X-ICE XI3。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.