トヨタ博物館(愛知県長久手市)では、2018年2月10日から4月15日まで企画展「元気!! ニッポン1960's」を開催する。

1960年代の名車を多数展示

『もはや「戦後」ではない』(1956年経済白書)と謳われ、東京オリンピックの開催を挟み、高度経済成長のただ中にあった日本。

「明日はもっとよくなる」と希望を抱き、元気に満ちあふれていた1960年代。この企画展では、1960年代を代表するクルマだけでなく、その誕生の背景となった世相を示す写真や商品などを展示。当時を知る人だけでなく、あらゆる世代に元気を届ける企画内容になっている。

展示車両は9台。マイカーブームを牽引しモータリゼーションを加速させたダットサン サニートヨタ カローラ、1963年に開催された第1回日本グランプリに出場、B-Ⅱクラス優勝を果たしたダットサン フェアレディ 1500。欧米との技術格差がある時代に、世界に通用するスポーツカーを目指しスピード記録に挑戦したトヨタ 2000GT トライアルやロータリーエンジンを実用化したマツダのコスモスポーツ。その他、ニッサン セドリック スペシャル 聖火搬送車なども展示される。

画像: トヨタ 2000GT トライアル(1966年)(レプリカ)

トヨタ 2000GT トライアル(1966年)(レプリカ)

画像: ニッサン フェアレディ Z(1970年)

ニッサン フェアレディ Z(1970年)

画像: マツダ コスモスポーツ(1969年)

マツダ コスモスポーツ(1969年)

画像: トヨタ 7(1969年式)

トヨタ 7(1969年式)

企画概要「元気!! ニッポン 1960s!」

期間 2018年2月10日(土)~4月15日(日)
場所 新館2階 企画展示ゾーン
内容 1960年代を5つのゾーンに分け、それぞれを代表するクルマとそのクルマの誕生の背景となった当時の世相を写真とデータで振り返る。
また、当時の食品のパッケージや電気製品なども展示される。


小学生無料入館日 3月10日(土)~4月8日(日)
周年謝恩WEEK(入館料半額) 4月14日(土)~22日(日)

トヨタ博物館

所在地 愛知県長久手市横道41-100
(名古屋瀬戸道路・長久手ICより西へ400m グリーンロード沿い)
TEL : 0561-63-5151 FAX : 0561-63-5159
開館時間 9:30~17:00(入館受付は16:30まで)
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)
新館2階北側展示場はリニューアル工事の為、閉鎖しております。(2019年1月完成予定)
入館料 大人 1,000円 シルバー<65歳以上> 500円 中高生 600円 小学生 400円 団体割引あり
新館1階、3階ライブラリーは無料ゾーン
3/10(土)~4/8(日)は小学生無料入館日
4/14(土)~4/22(日)は周年謝恩WEEK(入館料半額)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.