メルセデス・ベンツ Vクラスをベースにポップアップルーフを採用したモデル、「V220d Marco Polo HORIZON(マルコポーロ ホライゾン)」が2018年2月2日にカタログモデルとして登場。

最大5名が車中泊できる仕様となる

メルセデス・ベンツのVクラスといえば、1998年に初代がデビューしてプレミアムミニバンというジャンルを確立した草分け的存在でもある。現行モデルは近年のメルセデス・ベンツのフロントマスクデザインを踏襲して2015年10月に日本でデビュー。輸入車の中でこのクラスのバンタイプとしては唯一の存在としてラインアップされている。

そのVクラスに予想外のカタログモデルが追加された。ポップアップ式のルーフを採用してその中にはベッドを備えるという、まるで車内にロフトを採用したようなモデルである。13世紀にヨーロッパからアジアを旅して日本(ジパング)についても記した東方見聞録で知られる冒険家の名前を冠した「V220d Marco Polo HORIZON(マルコポーロ ホライゾン)」だ。価格は846万円となる。

画像: 最大5名が車中泊できる仕様となる

163ps・380Nmを発生する2.2L 直4ディーゼルターボエンジンと7速ATを搭載するロングボディモデル(右ハンドル・全長5140mm)をベースとしている。そのルーフをポップアップ式にせり上げて2人が横になれるスペースを確保、そこにベッドを標準装備して読書灯も備えるという。さらに3列目シートをフルフラットにアレンジすることができるベンチシートを採用。これにより最大で5名が車中泊できる仕様になっている。

さらに前席(運転席と助手席)を最大230°回転させられるシートも採用。寝室だけでなく、車内で談笑できるような空間を作り出すことも可能だ。ここに折りたたみ式テーブルを展開すれば、まるでダイニングルームだ。

この他にも特別装備がいくつかある。ロングドライブの強い味方となってくれるアダプティブクルーズコントロールやレーンキーピングアシストなどを含む先進安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」もそのひとつ。ブラックの本革シートのレザーパッケージも装備する。

より快適に、アウトドアを楽しみたいという人にピッタリのモデルといえそうだ。

V220d マルコポーロ ホライゾンの特別装備

・ポップアップルーフ
・回転式シート[前席]
・フルフラット機能付ベンチシート[3列目](アンダーシートボックス付)
・ラゲッジルームセパレーター(小物入れ付、取り外し可能)
・ベッド[ポップアップルーフ内](寸法:2050×1130mm)
・リーディングライト[ポップアップルーフ内]
・カーテン
・18インチ5ツインスポークアルミホイール
・ブラウンウッド調インテリアトリム

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.