日産は本社ギャラリーをベースとした家族向けの企画「春休みファミリーイベント」を2018年3月10日〜4月1日に開催する。

子どもはもちろん、大人も楽しめるイベント

地域によって異なるが、公立の小中学校は2018年は3月17日から春休みというところもあるようだ。およそ2週間程度のこの期間、子どもたちになにを経験させようか思い悩むお父さんお母さんも多いことだろう。そんな親御さんのために、日産が横浜の本社ギャラリーで春休み企画を2018年3月10日から開催する。

その中では、サッカー教室や工作教室、英語教室など、さまざまな体験をできる子ども向けのイベントが組み込まれている。ひとつずつ紹介していこう。

イベント期間中は毎日挑戦できる「NISSAN GALLERY QUIZ RALLY」

日産本社の1階にあるギャラリーを舞台に、展示されているクルマやニッサンインテリジェント モビリティについての問題に答えていくクイズラリー。参加者には、抽選で横浜F・マリノス観戦チケットやミニカーなどのプレゼントを用意している。

画像: イベント期間中は毎日挑戦できる「NISSAN GALLERY QUIZ RALLY」

日産自動車大学校の先生によるキッズ向けワクワク教室「クルマの仕組みを見てみよう」(小学校高学年向け)

開催期間は3月26日~30日で、いち日に3回(各20名)開催される。
ギャラリー内で展示しているエンジンカットモデルやGT-Rのシャシーを見ながら、クルマの仕組みを教えてくれる。さらにわかりやすく、レゴブロックを使ってギヤの組み合わせも学べるという。参加者には実際に使ったレゴブロックやGT-Rペーパークラフトをプレゼント。
イベント当日に先着順の受付で、AM10:00から整理券を配布するという。

画像: 日産自動車大学校の先生によるキッズ向けワクワク教室「クルマの仕組みを見てみよう」(小学校高学年向け)
画像: レゴブロックを使ってギヤの仕組みを学ぶ。

レゴブロックを使ってギヤの仕組みを学ぶ。

五感で楽しむ英会話教室、NISSAN KIDS' English School

2018年3月11日と24日の2日間(各3回)で開催される英会話教室だ。グローバル企業として活躍する日産らしく、世界共通語を楽しんでもらおうと企画。日本語も話せる外国人講師が「五感を使った」楽しいプログラムで進行するという。

画像: 五感で楽しむ英会話教室、NISSAN KIDS' English School

本物のキャンバスにお絵描き。オリジナルアートパネル工作教室

開催日は3月10日(土)、11日(日)、31日(土)、4月1日(日)の4日間、それぞれ7回実施される。木枠と布を張った本物の「キャンバス」を使って、クルマや春らしい模様などのシルエットアートを完成させよう。参加は先着順、イベント当日AM10:00から整理券が配布される。

画像: 本物のキャンバスにお絵描き。オリジナルアートパネル工作教室

読書好きの子ども必見。オリジナルBookmark(しおり)工作教室

開催日は3月24日(土)と25日(日)の2日間、それぞれ7回実施予定。花やクルマの絵柄でしおり作りを楽しめるワークショップで、大人から幼児まで、簡単に作れるのがポイント。参加は先着順、イベント当日AM10:00から整理券が配布される。

画像: 読書好きの子ども必見。オリジナルBookmark(しおり)工作教室

横浜F・マリノスはじめてのサッカー教室


3月17日(土)の午後に2回開催される、3歳~6歳の幼児を対象にしたサッカー教室。初めてボールをさわる子ども向けに、ギャラリー内の特設コーナーで横浜F・マリノスのコーチたちと楽しくサッカー体験できる。参加定員は各回15名、先着順で整理券が配布される。

画像: 横浜F・マリノスはじめてのサッカー教室

大人が楽しめるNISSAN GALLERY Spring Live

3月18日(日)の17:00から、男女混成ダンス&ヴォーカルグループlol(エルオーエル)による音楽ライブを開催。10代、20代の若者を中心に人気が急上昇中のグループで、高校生の認知度No.1だという。

画像: 大人が楽しめるNISSAN GALLERY Spring Live
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.