マツダは、マツダ ロードスターに、限定色「クラシックレッド」を新たに設定して予約受付を開始し、本年2月28日まで期間限定で販売することを発表した。期間限定色「クラシックレッド」選択時は3万2400円高(消費税込み)。
画像: ▲「クラシックレッド」の初代「ロードスター」と4代目「ロードスター」。

▲「クラシックレッド」の初代「ロードスター」と4代目「ロードスター」。

初代ロードスターのメインカラー

「クラシックレッド」は、初代ロードスターを世界初公開した1989年2月のシカゴモーターショーにおいて、メインカラーとしてお披露目したボディカラー。現行型となる4代目ロードスターにおいて、このカラーを最新の水性塗装技術「アクアテック塗装(マツダ独自の水性塗装システム)」で忠実に再現した。
4代目「ロードスター」の中山 雅(なかやま まさし)主査兼チーフデザイナーは、「『ロードスター』が歩んできた27年間は、人とクルマが一つになって思いのまま気持ちよく走る楽しさを追求した歴史であり、同時に、マツダブランドならではの『走る歓び』に共感してくださった多くのお客さまから支え続けていただいた歴史でもあります。27年間分の感謝の想いを込めるとともに、お客さまとともに積み重ねてきた歴史を資産として大切にし、クルマ文化を育んでいくために、『ロードスター』の象徴的なカラーの復刻に挑戦しました」と述べた。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.