現行型フォルクスワーゲン・ゴルフⅦが登場したのは2012年のこと。日本でもベストセラー輸入車として君臨し続けるも、2016年にはついにMINIにその座を奪われた。2017年、フォルクスワーゲンは満を持してゴルフのマイナーチェンジを行った。海外で乗ったインプレッションを、モータージャーナリストの河村康彦氏がお届けする。このモデルの日本上陸は、2017年夏ごろになる見込みだ。
画像: マイナーチェンジを行ったゴルフ1.5TSIハイライン。ヘッドライトユニットのデザインが変更になっている。

マイナーチェンジを行ったゴルフ1.5TSIハイライン。ヘッドライトユニットのデザインが変更になっている。

エクステリア:LEDヘッドライトの新設定などが変更点

誰もが知っている輸入モデルの超有名どころ=フォルクスワーゲン・ゴルフに、一部搭載エンジンの変更を含む大幅なリファインが加えられた。

MQBと称される新プラットフォームを初めて用いた現行型のデビューは2012年。それから4年あまりで行われた今回のリファインは、モデルライフ後半に再度高い商品力を持たせるための、いわゆるマイナーチェンジと理解してよいものだ。

とはいえ、好評を博してきたモデルだけに、ご覧のごとく外観の変更は最小限。標準仕様では前後バンパー、GTIではヘッドライト・シグネチャーの変更などが行われたが、全体の雰囲気は、まぎれもなく従来からの流れを継ぐゴルフそのものだ。

それでも見比べれば「今度のモデルの方が新しい」と思えるのは、LEDヘッドライトの新設定やリアコンビネーションランプのフルLED化など、“光もの”に最新の技術が用いられているからかもしれない。

画像: リアコンビネーションランプもフルLED化された。

リアコンビネーションランプもフルLED化された。

インテリア:フルバーチャル式メーターが新しい

一方、ダッシュボードやシートの造形に変更はないものの、一見して「新しくなった」と実感させられるのはインテリアだ。

イグニッションOFFではブラックアウト状態。その後、ONとともに表示が目覚めるフルバーチャル式のメーターや、「このクラスでは世界初」と謳われる“ジェスチャーコントロール”を可能とした大画面のセンターディスプレイの新設定。さらには、インターネット接続機能の充実など、さながら「電脳化」とも表現すべきデジタル技術の進化に力が注がれているのが大きな特徴だ。

画像: フルデジタルのメーター。5つのモードで表示が可能。ここにナビ表示もできる。

フルデジタルのメーター。5つのモードで表示が可能。ここにナビ表示もできる。

画像: 9.2インチのディスカバープロは、ジェスチャーコントロールも可能。6.5インチモデルもある。

9.2インチのディスカバープロは、ジェスチャーコントロールも可能。6.5インチモデルもある。

エンジン:新型1.5Lターボに変更

新エンジンは、VWが提唱するライトサイジングのコンセプトに基づいて、従来型1.4Lをベースに開発された1.5Lユニット。最高出力は10ps上乗せされ、150psとなった。

ただし、実際に乗ってみるとどんなシーンでも「必要にして十二分」というその動力性能は、たとえ変更を教えられていてもその違いは明確にはわからないレベル。実は250Nmという最大トルクは、その発生回転数ともども変わっていないので、むしろそれも当然かもしれない。フラット感に富んだ乗り味と正確なハンドリング感覚も同様。目隠しテストをされたら、新旧を言い当てるのは難しそうだ。

 一方、GTIは痛快な走りがゴキゲンそのものだったもの。こちらも、10psのアップを体感するのは難しいが、相変わらずクラスをリードする熱い走りを味わわせてくれた。(文:河村康彦)

※編集部注:マイナーチェンジ後の新型ゴルフの日本への導入は、2017年夏ごろを予定。初期段階では新型の1.5TSIではなく、現行ゴルフと同じ1.4TSIのままを予定しているという。

画像: VWが提唱するライトサイジングコンセプトに基づいて開発された新開発1.5TSIエンジン。

VWが提唱するライトサイジングコンセプトに基づいて開発された新開発1.5TSIエンジン。

ゴルフ1.5TSI ブルーモーションテクノロジーの主要諸元

●サイズ=4258×1790×1492mm
●車両重量=1317kg
●エンジン=直4DOHCターボ 1498cc
●最高出力=150ps
●最大トルク=250Nm
●欧州総合燃費=20.0〜20.4km/ℓ

画像: ゴルフ1.5TSIブルーモーションテクノロジーとモータージャーナリストの河村康彦氏。

ゴルフ1.5TSIブルーモーションテクノロジーとモータージャーナリストの河村康彦氏。

新型ゴルフ1.5TSI ブルーモーションテクノロジー 写真集

ゴルフGTI

今回はゴルフGTIもマイナーチェンジを行った。従来よりも+10psとよりパワフルになったのが特徴だ。

画像: ゴルフGTI

ゴルフGTI 2.0TSI BMT
●サイズ=42258×1790×1492mm
●車両重量=1386kg
●エンジン=直4DOHCターボ・1984cc
●最高出力=230ps/4700-6200rpm
●最大トルク=350Nm/1500-4600rpm

●0→100km/h加速=6.4秒
●最高速度=248km/h

ゴルフGTI 写真集

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.