クルマの雑誌をつくるということは、クルマで全国各地に取材に行く、ということでもある。当然、ただ行くだけではつまらない。ランチはファミレスではなく、地元の美味しいものを食べたい。
ということで、取材の途中で見つけた【取材メシ】。第3回は、東名道富士川サービスエリア上りで味わえる「つけナポリタン」。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がレポートする。
画像: 富士市のご当地グルメをアレンジしたEXPASA富士川(上り)の「つけナポリタン」(930円)。

富士市のご当地グルメをアレンジしたEXPASA富士川(上り)の「つけナポリタン」(930円)。

大観覧車「フジスカイビュー」が誕生した東名道・EXPASA富士川

2月23日に、東名高速の上り線にあるEXPASA富士川に大観覧車「フジスカイビュー」が誕生しました! 高さは60mにもなり、富士山だけでなく駿河湾の眺望までが楽しめます。道の駅「富士川 楽座」が隣接しており、ただでさえ施設の充実したSAがさらに魅力的になるというわけです。

画像: ▲2月23日にグランドオープンとなった大観覧車「フジスカイビュー」。10~21時の営業で1周一人700円。

▲2月23日にグランドオープンとなった大観覧車「フジスカイビュー」。10~21時の営業で1周一人700円。

とはいえ、せっかく行くのであれば、地元のグルメを楽しみたいもの。
そこでおすすめしたいのが、今回の「つけナポリタン」。地元の富士市のご当地グルメで、市内には数十種類の「つけナポリタン」を提供するお店があるとか。

トマトとトンコツで馴染み深い味に!

では、さっそくいただきましょう! 

トマトベースのつけ汁に太くて縮れたオリジナルの麺をくぐらせてパクリ。おっ、食べる前に振りかけたレモンの絞り汁の風味がさっと鼻にぬけてゆきます。おお、不思議な味です。でも、でも、ちょっと何かに似ている? ラーメン?

「実は、うちの会社はラーメンの一風堂を運営している会社なんです。ですから、うちの店のつけナポリタンは、一風堂とのコラボなんですね」とスタッフさん。
道理で馴染みのある味のはず。スープはトマトとトンコツのWスープとか。よく見ると、スープに白いツブツブが。なんと、これは背脂なんですって。トッピングもチャーシュー。トマトの酸味もしっかりきいているけれど、豚骨ならではのコクやうま味がたっぷり。ラーメン好きにはストライクなお味です。

麺が終わったら、ご飯にスープをかけてリゾット風にしても、なかなかの美味しさ。もちろん、追加の麺も用意されています。どちらも150円。大食漢さんには、ご飯&追加麺のダブルもおすすめです。

観覧車を楽しみ、ご当地グルメも楽しむ。これがEXPASA富士川の新しい利用方法となりそうですね。

画像: レポーターの鈴木ケンイチ氏。今後も「取材メシ」紹介していきます。

レポーターの鈴木ケンイチ氏。今後も「取材メシ」紹介していきます。

EXPASA富士川(上り)

道の駅 富士川楽座と隣接するSA。すぐ隣に富士川が流れており、その先に富士山がそびえる。東名高速道路でも屈指の素晴らしい富士山を眺めることのできるSAだ。2月23日に新施設である大観覧車「フジスカイビュー」がオープン。スマートICも設置されているのも特徴。

EXPASA富士川(上り) 力の源カンパニー ジャポニカ T0545-56-0720  営業時間:9時~21時 年中無休

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.