日産は、神奈川県・追浜工場の見学者用のゲストホールをリニューアルしたと発表しました。
画像: 【ニュース】日産・追浜工場の見学者用ゲストホールをリニューアル

追浜工場のゲストホールは1962年9月に追浜工場内にオープンして以来、一般や小学生の社会科工場見学など、325万人以上の来場者を数えている。

2016年度の見学者数は約6万4000名で、日産の国内5工場の中でも最大の見学者を受け入れている。

今回のゲストホールのリニューアルでは、建物の入り口に車両展示スペースを設け、追浜工場で生産しているクルマを展示するとともに、日産ブランドを感じてもらえるデザインとしている。

展示ホールは、「プレス」、「車体組み立て(溶接)」、「塗装」、「車両組み立て」、「検査」の5つの工程を、作業場面を切り取ったフレームのような展示ステージで構成。それぞれのステージでは実物を展示し、触れて体験できるものもある。

また、追浜工場で生産された歴代車両のミニカーや、著名なペーパーアーティストである太田隆司氏による追浜工場初期の風景をイメージしたペーパーミュージアムなど、工場見学を楽しくする展示もしている。

今回の追浜工場ゲストホールのリニューアルを皮切りに、今後、他工場のゲストホールも、日産ブランドをより強く感じていただける施設にしていく予定とのこと。

日産は今後も、工場見学に多くの見学者を迎えて、日産のモノづくりの現場をじかに体験してもらおうことを計画している。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.