経営危機に陥った日産は、2000年8月にZ32型の生産・販売を終了。だが、水面下では次期型の開発は非公式ではあったものの、着々と進んでいた。そして2002年7月、とくに北米からの熱烈なラブコールに応え、新世代のZが登場した。(この記事は2017年5月10日発売の「ホリデーオート6月号」より一部抜粋して構成しています)

2年の雌伏期間を経て世界水準の性能で復活

2000年にZ32の生産・販売が終了し、新型の開発も凍結された。Z消滅かと思われたが、ゴーンCEOの号令一下、開発を再開。2年のブランクを経て登場したのがZ33だ。

画像: 凝縮感のあるボディデザインは、V6エンジンに特化したパッケージング「FMパッケージ」によるもの。

凝縮感のあるボディデザインは、V6エンジンに特化したパッケージング「FMパッケージ」によるもの。

凝縮感のある低重心ボディはCd値0.30&フロントゼロリフト(標準車)というクラストップの空力性能を実現。これにフロントミッドシップのFMパッケージ(前後重量配分53:47)、高剛性新ボディ構造、前後異サイズのポテンザRE040、ホイールベースの中央付近に乗員を配置したスポーツドライビングポジションなどの要素を加えた新FRスポーツパッケージで、21世紀のスポーツカーの理想像を追求した。

エンジンは当初280psのVQ35DEでスタートしたが、発表時の「Zは毎年進化する」の言葉を裏付けるように、05年のマイナーチェンジで294ps(6速MT)にパワーアップ。07年の一部改良でVQ 35HR(313ps)に換装と目まぐるしく進化していく。ただ、プラットフォームとエンジンをスカイラインと共用する制約があったため、性能的には世界水準に達していたが、スポーツフィールではその点でピュアなポルシェに及ばなかったのが惜しまれる。

画像: 当初280psで登場したVQ35DEエンジンは、2005年1月のマイナーチェンジで294psに出力を向上。さらに2007年にはVQ35HRエンジンに換装されて313psに進化した。

当初280psで登場したVQ35DEエンジンは、2005年1月のマイナーチェンジで294psに出力を向上。さらに2007年にはVQ35HRエンジンに換装されて313psに進化した。

04年~08年にかけてニスモが手がけたスペシャルモデルが発売され、市販モデルではやり切れない味付けを次々と提案していったのも、そんな背景があったからかもしれない。

画像: レース用ホモロゲーションモデルとして2004年にわずか7台が市販された「TypeE」。

レース用ホモロゲーションモデルとして2004年にわずか7台が市販された「TypeE」。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.