ピレリジャパンは、サイドウオール上に鮮明なカラーを付けたPゼロ カラーエディションを日本市場に導入する。

画像: ピレリ・カラーエディション。赤/気/銀/白の4色を設定。他カラーもリクエストベースで可能。

ピレリ・カラーエディション。赤/気/銀/白の4色を設定。他カラーもリクエストベースで可能。

赤/黄/白/銀の4色が基本カラー

ピレリのカラーエディションは、タイヤサイドウオールに革新的な素材とプロテクションシステムにより、色づけされたタイヤだ。F1では2011年から実現しているカラータイヤの経験を活用したという。

ヨーロッパにおいてはすでに数ヶ月前より、パガーニ、ランボルギーニ、マクラーレンに装着されており、今夏よりフェラーリ、アストンマーティン、ポルシェ、ベントレーに装着される予定となる。

日本市場においては、マセラティのF1制覇60周年を記念した特別限定仕様車「マセラティ ギブリ スカテナート」とともにデビューする。

他メーカーはどうなの?

カラーサイドタイヤは、ブリヂストンも2013年に緑と青のタイヤを発売している。

しかしながら2015年7月には販売が終了している。

ピレリは、フォーミュラ1レースのイメージがあるだけに、とくにハイパフォーマンスカーのオーナーにはニーズがありそう。

「黒くて丸い」だけのタイヤのサイドウオールがカラフルになるだけなのに、そのクルマの印象がパッと明るくなったりする。こういった商品があると、一般消費者もタイヤに目が行くだけに、タイヤ好きとしては今後も続けていってもらいたいものだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.